資産運用
(画像=SB/stock.adobe.com)

「IPOの抽選に当たらない」と嘆く投資家は多いでしょう。上場後に高い確率で値上がりするIPO(新規公開株)には、公募の段階で応募が殺到します。そのため抽選倍率は高まり、最終的にほとんどの人が「ハズレ」となります。では、IPOに当たらなければ諦めるしかないのでしょうか。じつはこの新規公開株には「セカンダリー」と呼ばれる、もう1つの投資チャンスがあるのです。

目次

  1. IPOセカンダリー投資とは?
    1. セカンダリーとプライマリーの特徴
    2. IPOは手に入りづらいが、セカンダリーでも投資チャンスがある
    3. ハイリスク・ハイリターンという特徴がある
  2. IPOセカンダリー投資の魅力は?
    1. IPOセカンダリー投資の魅力1:成功すれば短時間で利益を得られる
    2. IPOセカンダリー投資の魅力2:IPOの抽選が不要
  3. IPOセカンダリーの買い方は主に3つ
    1. IPOセカンダリーの買い方1:初値で購入
    2. IPOセカンダリーの買い方2:高騰して下がったところで購入
    3. IPOセカンダリーの買い方3:上場前の注目度の低い銘柄を狙う
  4. IPOセカンダリー投資の注意点4つ
    1. IPOセカンダリー投資の注意点1:IPO銘柄は特に小型銘柄ほど値動きが激しく損失が大きくなることも
    2. IPOセカンダリー投資の注意点2:値動きの特徴を見極める
    3. IPOセカンダリー投資の注意点3:上場後の業績チェックも欠かさずに行う
    4. IPOセカンダリー投資の注意点4:ロックアップ期間明けの株主の売りに注意
  5. IPOセカンダリー投資で勝つ4つのポイント
    1. ポイント1:短期売買
    2. ポイント2:銘柄の値動きに注目
    3. ポイント3:出来高を見てその銘柄に資金が集まっているかに注目
    4. ポイント4:逆指値の発注方法を活用して損失を逃れつつ利益を狙う
  6. IPOセカンダリー投資はチャート機能が充実している証券会社ではじめよう
    1. チャート機能が充実している証券会社1:SBI証券
    2. チャート機能が充実している証券会社3:松井証券
  7. まとめ:プライマリーで狙い、外れたらセカンダリーでも狙う方向で考えよう

IPOセカンダリー投資とは?

IPOセカンダリー投資とは、新規公開株が上場したあとにIPO銘柄を購入して利益を狙う投資法です。はじめに、IPOセカンダリー投資の特徴を確認します。

セカンダリーとプライマリーの特徴

投資でセカンダリーとは通常の株式市場で取引することをいい、IPOはプライマリーといいます。IPO銘柄には幹事証券や副幹事証券が決まっており、主幹事に多くの株が割り当てられるなど、証券会社によって割り当てられる株数に差があります。自分が口座を開設している証券会社が主幹事ではなく、割り当て数が少なければ、その時点で購入の当選確率は下がります。その点、セカンダリーは株式市場で購入できるので、証券会社による有利不利はありません。

IPOは手に入りづらいが、セカンダリーでも投資チャンスがある

IPOは上場後に値上がりするケースが多く、申し込みが殺到するため当選確率が低くなります。Webサイト「マネーポスト」の調べによると、2019年に新規上場した86銘柄のうち、初値が公募価格を上回ったのは76銘柄、同値は1銘柄、下回ったのは9銘柄でした。勝率にして88.37%という高確率でIPO銘柄は上がっているのです。IPOに申し込みが殺到するのも頷ける結果です。

しかし、後述するようにセカンダリーで購入しても、十分に利益をあげるチャンスはあります。特にセカンダリーでチャンスが大きいのは、信用取引を利用できることです。買いたい銘柄が制度信用取引対象銘柄に選定された場合、自己資金の3倍の金額を取引できます。普通の取引なら90万円必要な銘柄も30万円で購入できるので、IPOで買うよりも少額で投資をすることが可能です。

ハイリスク・ハイリターンという特徴がある

IPOセカンダリー投資は、ハイリスク・ハイリターンという特徴があります。通常の株式投資は、PER(株価収益率)やPBR(1株純資産倍率)という株価指標を基準に割高・割安を判断できます。しかし、IPO銘柄は上場当初の値動きが激しいため、株価指標があまり参考になりません。値動きだけで買われる傾向があるので、高値掴みをするリスクは常に頭に入れておく必要があります。

IPOセカンダリー投資の魅力は?

では、IPOセカンダリー投資にはどのような魅力があるのでしょうか。主に2つのことが考えられます。

IPOセカンダリー投資の魅力1:成功すれば短時間で利益を得られる

IPOセカンダリー投資は、銘柄の選択を間違えなければ短時間で利益を得られる可能性が高い投資法です。東証一部に上場する大型株は別ですが、通常IPO銘柄は東証マザーズなどの新興市場に上場します。新興市場に上場するのは小型株が多く、少しの売り買いでも株価が乱高下する傾向があります。安くなったところを上手く拾えれば、反騰したときに短時間で利益を得ることが可能です。

IPOセカンダリー投資の魅力2:IPOの抽選が不要

IPOセカンダリー投資のもう1つのメリットは、抽選が不要ということです。どんなに人気のある銘柄でも上場すれば、通常の株式と同じように買い注文を出すことができます。まれに公募価格を割り込んで初値が付く銘柄もあるので、IPOで外れた銘柄が安くなっていればお買い得と考えることもできます。

IPOセカンダリーの買い方は主に3つ

IPOセカンダリー銘柄の買い方には以下の3つの方法があります。

IPOセカンダリーの買い方1:初値で購入

1つめの方法は、上場初日に初値で購入することです。新規上場銘柄は、買いが殺到して買い気配のまま初値が付かない場合もあります。初値が付いても、その後も買いが続いてストップ高になることはよくあるケースです。上手く初値で買うことができれば、大きな利益に繋がることが期待できます。

なお、IPO銘柄は単元未満株でも購入できますが、前日の株価が基準価格になるため、初値で購入することはできません。初値が付いた翌営業日からは発注することができるので、少額でセカンダリー投資にチャレンジすることができます。

IPOセカンダリーの買い方2:高騰して下がったところで購入

どんなに人気化したIPO銘柄でも、高騰すれば必ず反落するときがきます。2つめの方法は、セカンダリーで高騰し、急落したところを拾う買い方です。人気化した銘柄は、ピークを打って下がるときは、既存の銘柄よりも下落が早くなる傾向があります。

IPOセカンダリーの買い方3:上場前の注目度の低い銘柄を狙う

上場する前の公募の段階で、注目度の低い銘柄を狙うのも1つの方法です。セカンダリーで注目度が高かった銘柄が人気のピークを過ぎて相場が終わると、投資家はまだ買われていない銘柄を探します。そこで、これまで注目度が低かったIPO銘柄に見直し買いが入ることがあるのです。注目されていなかった銘柄は株価水準も低いことから高値掴みのリスクが少なく、安心して投資できるメリットもあります。

IPOセカンダリー投資の注意点4つ

IPOセカンダリー投資はチャンスが多い半面、リスクも高い投資法です。IPOセカンダリー投資を行う際には、以下の4つの注意点を確認しましょう。

IPOセカンダリー投資の注意点1:IPO銘柄は特に小型銘柄ほど値動きが激しく損失が大きくなることも

日本郵政のような東証1部に直接上場する大型株は、流通株数が多く株価が乱高下することは多くありません。しかし、東証マザーズなどの新興市場に上場する銘柄は、小型株がほとんどのため値動きが激しくなります。だからこそ利益をあげるチャンスがあるわけですが、逆に損失が大きくなるリスクも心得ておく必要があります。

IPOセカンダリー投資の注意点2:値動きの特徴を見極める

セカンダリー相場における値動きには様々なパターンがあります。最も印象が強いのは、上場初日に買いが殺到して「買い気配」や「ストップ高」になるパターンです。2日連続ストップ高になるような人気銘柄もあるので、前述したように初値で購入できればストップ高に出会えるチャンスも生まれます。

また、初日に値が付いて以降、上昇を続けるパターンもあります。この場合、早めに購入すれば利益を得られる半面、上昇相場の終わり頃に購入すると高値掴みになるリスクがあります。セカンダリー投資は値動きの見極めが大事です。

IPOセカンダリー投資の注意点3:上場後の業績チェックも欠かさずに行う

IPOセカンダリー投資をする場合でも、業績のチェックは欠かせません。上場前に業績が好調だった企業でも、継続して業績が伸びるかどうかは不透明です。東証1部に直接上場する銘柄は知名度も高くある程度業績を予測できます。しかし、新興市場に上場するのは社歴の浅い銘柄が多いので、先行きの業績は慎重にチェックする必要があります。

IPOセカンダリー投資の注意点4:ロックアップ期間明けの株主の売りに注意

セカンダリーでは、大株主がロックアップ期間明けに売る可能性があります。ロックアップとは「上場後の一定期間、大株主は売却できない」というルールのことです。ロックアップの期間は目論見書に記載されており、証券会社のホームページで確認することができます。

ロックアップ期間明けで売るのは、大株主になっていたベンチャーキャピタルなどです。期間は一般的に90日間程度あるため、上場直後はあまり気にする必要はありません。しかし、上場数ヵ月後に見直し買いをしたいとき、ロックアップ期間明け直後の場合は注意が必要です。

IPOセカンダリー投資で勝つ4つのポイント

IPOセカンダリー投資で勝つためには、以下の4つのポイントに注目しましょう。

ポイント1:短期売買

セカンダリーで人気化する期間は長くないので、短期売買が基本となります。クラウドファンディングプラットフォームを運営する、株式会社マクアケ(東証マザーズ・4479)の例でみてみましょう。マクアケは2019年12月11日に上場し、初値2,710円を付けました。その後人気化して同年12月23日に終値で5,150円まで上昇しています。わずか2週間足らずで株価が2倍近くになった計算です。

しかし、ここがピークで、その後終値ベースではしばらく5,000円を付けることはありませんでした。IPO銘柄の人気が続くのは数週間程度と考え、早めに買って利益が出れば早めに売るスタンスで臨んだほうが無難でしょう。

ポイント2:銘柄の値動きに注目

株式投資において銘柄の値動きに注目することは基本です。とりわけセカンダリー相場においては、分刻みで注視することが必要なケースがあります。上場直後の銘柄は投資家の注目が高いので、売り買いともに多く、分刻みで株価が動きます。分刻みの株価をチェックするには、証券会社に口座を持つと利用できる、トレーディングツールが便利です。

ポイント3:出来高を見てその銘柄に資金が集まっているかに注目

株式投資では出来高をみるのも、人気を判断するうえで重要です。出来高は買いたい人が多いときほど多くなる傾向があります。逆に人気が離散して買いたい人が減ると出来高も少なくなります。セカンダリーでも、出来高をみながらその銘柄に資金が集まっているか注目しましょう。

ポイント4:逆指値の発注方法を活用して損失を逃れつつ利益を狙う

値動きの激しいセカンダリー投資でリスク回避になるのが、「逆指値」という発注方法です。逆指値とは、通常の指値とは逆の基準で発注する方法です。たとえば、1,700円で買ったIPO銘柄A株を売る場合、次のような注文方法の違いがあります。

▽指値注文の例:買値1,700円、現在値1,800円

200円の利益を狙う場合は「1,900円」で売りの指値注文を入れる。1,900円になると売り注文が執行され利益が確定する。「これ以上になったら売りたい」という通常の発注方法。

▽逆指値注文の例:同じく買値1,700円、現在値1,800円

損失を限定したいので「1,700円以下になったら売り」の成行注文を入れる。1,700円を割ると自動的に売り注文が執行される。「これ以下になったら売りたい」という逆の発注方法。

この方法であれば、思惑どおり上がれば利益が出て、反落した場合は損失を一定の範囲に限定できます。IPO銘柄は上場直後に人気化することが多いですが、人気が離散するのも早いので、深追いしないために逆指値は有効な発注方法といえます。

また、通常の指値と逆指値を組み合わせることも可能です。これを「逆指値付き通常注文」と呼びます。

IPOセカンダリー投資はチャート機能が充実している証券会社ではじめよう

IPOセカンダリー銘柄は値動きが激しいため、セカンダリー投資をするならチャート機能が充実している証券会社で始めるとよいでしょう。ここでは数あるネット証券のなかから、SBI証券、マネックス証券、松井証券の3社を比較してみます。この4社は先に紹介した逆指値注文ができるので、セカンダリー投資を行うのに便利です。

チャート機能が充実している証券会社1:SBI証券

ネット証券最大手で、口座開設数の多さも長い期間首位を維持しています。投資のデパートといえるくらい、あらゆるジャンルの商品を取り扱っています。ポイント政策では、SBIモバイル証券を通じて、老舗共通ポイントの「Tポイント」を使って投資することができます。

また、IPOで外れた回数によってポイントが付与される「IPOチャレンジポイント」もユニークです。これは、次回以降のIPO申込時にポイントを使用すると当選しやすくなる仕組みです。

・トレーディングツール:HYPER SBI

HYPER SBIは使いやすいツールとして定評があります。板情報画面では、ドラッグ&ドロップのマウス操作だけで注文の発注、訂正、取り消しが可能で、スピード感のある取引ができます。

チャート機能が充実している証券会社2:マネックス証券
マネックス証券は、IPOの抽選で平等に当選のチャンスがある「完全抽選方式」を実施しています。取引実績が少なくても当選する可能性があるのは魅力的です。IPOへの応募から始めたい人には向いている証券会社といえます。

マネックス証券では、「マネックスポイント」という自社ポイントの付与を実施しています。株式の取引や投資信託の残高によってポイントが付与されます。

・トレーディングツール:マネックストレーダー

マネックストレーダーは、マルチチャートビューアやマルチ気配ビューアの機能を搭載しています。複数の銘柄のチャートをまとめて表示することで、注目している銘柄のチャートや板情報を一覧で確認できます。

チャート機能が充実している証券会社3:松井証券

松井証券は、証券業界の常識を破る2つの革新的なサービスで知られています。1つは、約定代金50万円以下は手数料無料というノーコスト取引です。少額で投資したい人には最も有利な証券会社といってよいでしょう。

2つめの革新的なサービスが「無期限信用取引」で、通常では6ヵ月の決済期限がある信用取引を無期限で行うことができます。強制的に決済されるリスクがなくなるため、安心して取引できます。「一日信用取引」の仕組みもあり、デイトレードが充実していることでも定評があります。

・トレーディングツール:ネットストック・ハイスピード

ネットストック・ハイスピードは、発注画面やチャート画面を組み合わせることができます。デイトレードにも最適で、プロと同等の取引ができる高機能ツールです。

まとめ:プライマリーで狙い、外れたらセカンダリーでも狙う方向で考えよう

セカンダリーで利益を得られるからといって、IPOの抽選を諦める必要はありません。理想はIPOへの応募を続けてチャンスを狙い、外れたらセカンダリーであらためて利益を狙うという方法です。セカンダリー投資のデメリットや注意点を意識しながら、IPOを上回る利益をあげられれば、その投資は成功といってよいでしょう。IPO抽選に外れた際の次善の投資法として、セカンダリー投資に挑戦してみてはいかがでしょうか。

※本記事は2020年11月24日現在の情報をもとに作成しています。掲載する銘柄は解説例であり、投資を推奨するものではありません。

文・丸山 優太郎
日本大学法学部新聞学科卒業。おもに企業系サイトで執筆。金融・経済・不動産系記事を中心に、社会情勢や経済動向を分析したトレンド記事を発信している。