野口悠紀雄

2⽉8⽇(月)17時からは、早稲田大学ビジネス・ファイナンス研究センター顧問、一橋大学名誉教授の野口悠紀雄 氏に、『アフターコロナ デジタル時代の経済における勝者とは 〜AIからデジタル通貨まで最先端の世界経済予測〜』を聞く。

野口悠紀雄
野口悠紀雄(早稲田大学ビジネス・ファイナンス研究センター顧問、一橋大学名誉教授)
1940年、東京に生まれる。 1963年、東京大学工学部卒業。 1964年、大蔵省入省。 1972年、エール大学Ph.D.(経済学博士号)を取得。 一橋大学教授、東京大学教授(先端経済工学研究センター長)、スタンフォード大学客員教授、早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授などを経て、2017年9月より早稲田大学ビジネス・ファイナンス研究センター顧問、一橋大学名誉教授。 著書に『情報の経済理論』(日経経済図書文化賞)、『1940年体制―さらば戦時経済』、 『財政危機の構造』(サントリー学芸賞)(以上、東洋経済新報社)、『バブルの経済学』(日本経済新聞社、吉野作造賞)、『「超」整理法』(中公新書)、『仮想通貨革命』(ダイヤモンド社)、『ブロックチェーン革命』(日本経済新聞出版社:大川出版賞)など。 近著に、『中国が世界を攪乱する』(東洋経済新報社 )、『経験なき経済危機』日本はこの試練を成長への転機になしうるか?(ダイヤモンド社)、『書くことについて』(角川新書)、『リープフロッグ』逆転勝ちの経済学(文春新書)などがある。

当日の内容

  • 当時経営危機であったアップルをどうやって立て直したのか?
  • 2021年もっとも重要な経済トピック:なぜ今デジタル通貨が注目されているのか?
  • デジタル人民元やディエムの日本への影響は?
  • AI×ビッグデータの世界とは?
  • アント上場延期から見るデータ資本主義
  • ブロックチェーン技術の汎用性

開催日時

2月8日(月)17:00〜18:00

視聴方法

本ウェビナーはオンライン会議システム「Zoom」を使用いたします。
受講URLはお申込受付後に、ご登録いただいたメールアドレスに送付いたします。
お使いのPCがシステム要件を満たしている必要がありますので、動作環境はZoomヘルプセンターをご確認ください。

ウェビナー(視聴には無料会員登録が必要です)