ベンチャーキャピタル(VC)による企業支援では、資金以外にも人やネットワーク、ノウハウなども含めて行われることがある。企業には成長ステージがあり、ステージと共に投資ラウンドも進み、投資額が増加する。特集の第1回では、VCの役割やベンチャー企業の各成長ステージと投資ラウンド、ベンチャーキャピタリストの仕事内容をおさらいしておこう。

VCの役割とベンチャー企業の成長ステージ・投資ラウンド

ベンチャーキャピタル, 特集
(画像=LanKogal / shutterstock.com, ZUU online)

VCの役割には、「投資」「企業の成長サポート」「株式売却による資金回収」がある。

VCの投資の金額は、企業の成長とともに変化する。ベンチャー企業の成長ステージに普遍的な定義はないが、よく使われているステージには、「シード」「アーリー」「ミドル(エクスパンション)」「レイター」があり、ベンチャー企業はこの順に成長していく。また、ベンチャー企業の投資ラウンドは、「シリーズA」「シリーズB」「シリーズC」……と進み、投資額が増えていく。

成長ステージと投資ラウンドは必ずリンクするわけではなく、時期がずれることもあるが、それらと投資額を順に紹介していこう。

シードステージ サービス開始前の段階

シードステージは、企業が誕生しサービスを開始する前の段階である。この段階のベンチャー企業は、市場調査に基づくビジネスプラン作成や、製品の試作などを行ってサービス開始を目指す。

試作品の制作には、資金(シードマネー)が必要になる。金額はビジネスによるが、一般的には数百万円で、時には数千万円必要なこともある。資金は起業家や知人、エンジェル投資家からの投資などにより調達される。

スタートアップ企業をサポートするアクセラレーターは、ノウハウやリソースを提供し、場合によっては(VCよりも少額だが)投資によりシードステージでの成長に寄与する。VCによっては、シードステージから投資することもある。

アーリーステージ サービス開始後の段階

サービス開始後の段階は、アーリーステージと呼ばれる。このステージは従業員数10人以内が一つの目安だ。売上や利益は少ないながらも、運転資金や設備投資、販売促進に多くの資金が必要になる。

このステージのベンチャー企業は、事業リスクが高い状態である。資金調達は日本政策金融公庫などの政府系金融機関からの借り入れや、将来性を見込まれたベンチャー企業にはVCからの投資がある。

アーリーステージでの投資ラウンドは「シリーズA」であり、調達する資金は1,000万円から数千万円程度である。

ミドル(エクスパンション)ステージ ビジネスが軌道に乗りはじめる段階

ビジネスが軌道に乗りはじめ、企業が成長しつつある段階がミドル(エクスパンション)ステージである。従業員数は数十人程度が目安だ。このステージは売上が拡大し、利益が出始める頃だ。製品やサービスを充実させて売上を向上させるため、追加の設備投資や人材採用が必要になり、必要な資金額も増加する。

このステージになると事業リスクが低くなり、民間金融機関からも資金調達をしやすくなる。また、ビジネスがVCなどに高く評価されればさらなる出資を得る。

この段階での投資ラウンドは「シリーズB」であり、資金調達額は1億円を超える。

レイターステージ 業績が拡大し経営が安定する段階

業績がさらに向上し、ビジネスモデルや組織が確立して経営が安定する時期がレイターステージである。場合によってIPOを目指したり、売却によってイグジットしたりすることがある。

この段階での投資ラウンドは「シリーズC」に、資金調達額は数億円から十数億円になる。IPOまでに「シリーズD」や「シリーズE」へ進み、さらに資金を調達することもある。

アメリカのユニコーン企業(評価額10億ドル以上の非公開企業)は、さらに「シリーズF」や「シリーズG」まで進み、資金調達をすることがある。

ベンチャーキャピタリストの仕事内容と仕事で大切なこと

続いて、VCの役割の一つである「企業の成長サポート」の一環として、経営支援まで行うVCのベンチャーキャピタリストの仕事を紹介しよう。

ベンチャーキャピタリストの仕事は、大きく2つに分けることができる。1つは「ファンドの組成・運営業務」、もう1つは「投資関連業務」である。

ファンドの組成・運営業務とは、投資家や事業会社から出資を募り、投資方針の説明や業績の報告を行い、出資者と良好な関係を構築していく仕事である。これらはVCのマネジメント層が主となって行う。

投資関連業務は、VCがベンチャー企業へ投資活動を行う仕事である。この仕事は5つのステップ、「ディールジェネレーション」「デューデリジェンス」「投資実行」「経営支援」「イグジット」に分けることができる。それぞれのステップを紹介しよう。

  • ディールジェネレーション:投資案件の情報を収集する業務で、ファインディングやソーシングと呼ぶこともある
  • デューデリジェンス:集めた企業情報の中から投資候補を精査する業務
  • 投資実行:バリュエーション(株価)を決めて投資額などを決定する業務
  • 経営支援:社外取締役に就任して経営陣にアドバイスし、会社を正しい方向に導く業務
  • イグジット:企業がある程度成長したら、経営陣と相談して株式公開などに導く業務

このうち、ディールジェネレーション、デューデリジェンス、イグジットには方法論があり、文献などから習得することができる。一方、投資実行と経営支援には方法論がなく、経験に裏打ちされたスキルが必要になる。この2つの仕事で大切なことを紹介したい。

投資実行を行うには、投資額を決定するためにビジネスの将来性を見抜く力が必要だ。そのためには、事業の成長可能性とリーダーや経営チームのケイパビリティの両面から、ベンチャー企業の成長性を統合的に考察することが重要である。

経営支援では、投資先企業の非常勤取締役などに就任し、取締役会に出席して経営が正しい方法を向くように協力する。戦略・事業面と人・組織面で経営を支援し、それらを統合して問題の本質を見抜き、対応策をシンプルに経営チームに伝えることが大切だ。

文・松本雄一(ビジネス・金融アドバイザー)