日本を代表するベンチャーキャピタルの一つ、SBIインベストメント。その名の通りSBIグループのベンチャーキャピタルだ。同社に新卒で入社し、途中、投資先企業の経営も経験しながら、一貫してベンチャー・スタートアップの経営・支援に関わり続ける田中正人氏に、ベンチャーキャピタリストの仕事、VCの面白さについて聞いた。

田中正人(たなか・まさと)
SBIインベストメント投資部 部長。2007年法政大学卒業後、SBIインベストメント入社。ベンチャー投資歴12年の中で数々のIPO企業を輩出してきただけでなく、投資先企業2社で社長、CFOとしてベンチャー経営に参画し、M&AによるEXITを実現した経験も有する。Forbes JAPANの日本版Midas List(最も影響力のあるベンチャー投資家ランキング)では2017年8位、2018年5位に選出された。

大学時代にシリコンバレーでVCと出合い、就活もVCに絞って行った

SBIインベストメント,田中,VC,ベンチャーキャピタリスト,ベンチャーキャピタル
(写真=森口新太郎)

――田中さんがベンチャーキャピタルに入ったのはどういうきっかけ、理由だったのでしょうか?

実は大学2年生の時にベンチャーキャピタリストになると決めたんです。2007年にSBIホールディングスに入社して今年で13年目なのですが、入社後すぐに投資部門であるSBIインベストメントに配属されました。大学では、プログラミングばかりやっていました。人と話すよりもJavaとかC言語を書くほうが多かったです(笑)。

ベンチャーキャピタリストを志したきっかけは、大学時代の2004年にGoogleが、2006年にmixiがIPOして、自分が日々使っていたサービスが大きく成長していく姿を見たことです。あとはこれも大学時代ですが、シリコンバレーに遊びに行って、向こうの空気、雰囲気を感じる中でベンチャーキャピタルという仕事に出合ったことです。

それで新卒で入ることのできるVCに絞って就職活動をしてSBIホールディングスから内定をもらいました。もちろん配属先はVCであるSBIインベストメントを希望していました。

――SBIグループは採用者も多いと思いますが、要望って通るものですか?

運がよかったのか、人事が適性を見抜いてくれたのか……、私が入社した頃は、グループ全体の収益に占める投資事業の割合が今よりも高く、グループに入る新卒の多くがSBIインベストメントへの配属を希望していました。

――大学時代に「俺もいつか起業するぞ」という人は多い気がしますが、そうではなく「ベンチャーキャピタリストになるぞ」と思われた理由は?

理由は2つあります。1番大きかったのは、アメリカの西海岸でtop-tier(一流)のVCやベンチャー企業の存在を大学時代に知ったことです。VCが投資した企業が上場して、売却益や時価総額がとてつもない金額になったニュースが鮮烈な印象的でした。Benchmark Capitalが投資したeBayが上場したのは1999年ですが、$6.7M(670万ドル)の投資が$5B(50億ドル)になりました。今の為替レートでいえば、7億円の投資が5千数百億円になったということです。これをニュースや本で読んで知って、「VCってすごく華やかな仕事だな」と思ったんです。

あともう一つが、社会的意義の大きな仕事をしたいという想いです。大学自体にプログラミングを学んでいた私はプログラマーの教典と言われる、ポール・グレアム氏の『ハッカーと画家:コンピュータ時代の創造者たち』という本に出合いました。ベンチャー界隈でもとても有名な本です。

彼は起業した会社をEXITして、ベンチャーキャピタルY Combinatorを立ち上げているのですが、そのグレアム氏が講演でベンチャーキャピタルの重要性を説いていて社会的意義がとても大きい事業だと思ったんです。自分のプログラミングスキルも活かせるし、今後もっと伸びる産業だと思って、VCを志したわけです。

企業のエース級人材が起業家に転じるようになった

――入社して12年の間に、いろいろな企業に投資をしてこられたと思います。一昨年、昨年とForbes Midas Listにもランクインされていますが、印象に残っている分野、会社、成功・失敗含めて教えてください。

IPOやM&AでEXITした会社に10社ほど出資していますが、印象的だったのは入社直後に担当したKLab <3656> というゲーム会社やロボットスーツを開発するサイバーダイン <7779> ですね。上司が主担当、私が副担当としてアサインされ上場したという案件です。

最近ではネットリユース・ネットリサイクル事業を手掛けるリネットジャパングループ <3556>、英国のArm社が6億ドルで昨年買収した米国のデータ分析会社Treasure Data、今年の3月に上場したミンカブ・ジ・インフォノイド <4436> などでしょうか。

――業界的に変化したと感じる点はありますか?

この12年間の中で今が一番良い意味での大きなうねりというか潮流、トレンドが来ているという感じはします。というのも、僕が入社したときのベンチャー業界って、どちらかというと、経営者の方も“ローンウルフ”的な人が多くて……。

――そううかがうと、私は堀江貴文さんをイメージします。

経営者の皆さんはとても優秀な一方で、大企業とか大組織に所属して組織人として働くには不向きな方が多いと感じていました。最近のベンチャー企業は、医師や弁護士などの有資格者や、官僚や大企業のエース級人材、外資系投資銀行や戦略コンサル出身の方、など組織人としても本当に優秀な方が社会的意義を果たすことを目的として起業するケースが増えていると思います。

大企業側の考え方もかなり変わってきています。それこそ、十数年前にベンチャー企業っていうと、「何それ?」みたいな扱いだったり、まったく役に立たない会社だという認識だったりしたのが、最近はベンチャー企業への期待が高まっているし、大企業の経営幹部もベンチャー企業やオープンイノベーションの重要性を認識し始めています。

特に象徴的なのが、昨年トヨタ自動車社長の豊田章男氏が、「自前主義からの脱却」を掲げたことですね。日本経済新聞の一面にも掲載されましたが、あれはセンセーショナルでした。

これはポール・グレアムが十数年前にシリコンバレーで言っていたこととすごく近いんです。彼は「優秀な学生やサラリーマンは、大組織に入ると過小評価されるから起業するべき」って言っていて、大企業に対しては、「大企業であるがゆえにイノベーションを起こせなくなるから、ベンチャー企業と組んだりベンチャー企業を買収したりしたほうがいい」と主張していました。

そういう主張にスタンフォードの学生とか大企業の経営者たちが触発されて、ベンチャー企業と大企業の取り組みが活性化していったはずなんですね。日本も十数年遅れて、同じような状況になっており、業界全体としてとても良い方向に進んでいると思います。

――投資先が決まるまでの流れでは、ご紹介が多いのでしょうか?

投資部に所属する約20名で年間数千社とコンタクトを取って、最終的にはそのうちの数十社に投資させていただいております。新聞や雑誌、ネットの記事を見てダイレクトにこちらから連絡させてもらう案件と、VCやベンチャー関連の業界の方、SBIグループ各社からの紹介案件とが半々というイメージですね。

――VCの組織はどうなっているのでしょうか?

現在、SBIインベストメントの組織は新規投資活動やIPO・M&Aに向けた支援活動を行う投資部、大企業とのCVCファンドの設立・運用を行うCVC事業部、新規ファンドの企画・設立やファンドの投資家対応を行う営業企画部、ファンドの管理や決算等を担当する業務部、新規投資案件の審査を専門に行う調査部が主な部署です。

――田中さんが投資の過程の中で一番面白いと思うところ、もしくは一番難しいと思うところはどこですか?

ベンチャー投資はアートに近い性質があって、こうすれば成功する、といった確かな手法は確立されていなく、科学するのがなかなか難しいものだと考えています。VC各社はみんな再現性のある投資の成功を目指して日々努力はしていますが、ベンチャー経営に関わる環境は複雑系の要素が大きいのでとても難しいですから。

ただ、再現性は低いけれど、そこに一筋の勝ち筋というか、科学できる部分があるんじゃないかと思えるところが面白いところであり、難しいところでもあります。

――その勝ち筋の見極めはどうやっているのでしょうか。どこを見て勝ち筋を見つけるのでしょうか。あと関わった案件などで意外と感じた事例はありますか。

経営陣とマーケットですね。おそらくソフトバンクの孫さんやSBIグループの代表である北尾はその洞察力がすごく研ぎ澄まされていると思うんですね。だから人物を見て短期間で投資を決めて、成功させているんだと思います。

意外だった事例もあります。2015年ぐらいにRPA業界が盛り上がると思って、多くのRPA関連企業にアプローチして、数社に出資しました。そのうちの1社であるRPAホールディングスは上場も果たしましたが、アプローチした中で、「ここはダメだろうな」と思った会社でも、今ではすごくうまくいっていて、上場を間近に控えている会社も出てきているんですよ。

ベンチャー企業は、1年や2年でガラッと変わるんです。見る目がなかったと言えばそれまでですが、黎明期にあるベンチャー企業の投資判断は非常に難しいです。

SBIインベストメントの強みとは

――VCはそれぞれに特徴があると思いますが、SBIインベストメントの特徴はどこにありますか?

事業支援能力の高さです。単に投資を行うだけでなく、SBIグループの金融サービス各社で投資先企業の技術・サービスを試験的に使ってみて、シナジーが発揮できそうであれば導入を進めていく。その後、優れた技術やサービスであると確認できれば、ファンド投資家をはじめとしたグループ外の企業へも拡散を図る。投資、導入、拡散のプロセスを推進することで、SBIグループの金融サービスの競争力向上のみならず、投資先企業の業績向上にも直接的に貢献することができます。

ファンドのサイズも、国内のベンチャーキャピタルとしては最大級で、ファンドの出資者もたくさんいらっしゃいます。そういった中で取引先のご紹介等、事業支援の力は、他のベンチャーキャピタルよりも大きいと考えていますし、投資先のベンチャー企業からも評価を頂くことが多いです。

また、グループ会社のSBI証券と連携した上場準備支援にも注力しています。SBI証券は年間10社以上のIPOの主幹事を引き受けていますし、シ団として参加したものを含めると昨年度のIPO案件の9割以上に関与しており、IPO引受関与率では国内トップの証券会社と言えます。

さらに、SBIグループには、北尾やSBIインベストメントの社長である川島を含め、自分たちで様々な事業を生み出し、拡大させてきた実績があるメンバーがいます。生み出してきた事業の中にはIPOした企業もあります。つくり、拡大させる、IPOまで導くということが肌感覚で分かっているという点は大きな強みかなと思っています。

――田中さん自身がVCというビジネスを面白いなと思われるところはどこですか?

やはり、社会に良い影響・変化を与えられるというところが一番ですね。サイバーダインを担当していた時に目の当たりにしましたけど、歩けなかった人が歩けるようになる瞬間に立ち会えたのは大きなモチベーションにもつながりました。

今は地方創生や事業承継支援の分野で事業をされているベンチャーの支援に力を入れています。我々が出資をさせていただいたベンチャー企業が後継者問題という日本の社会問題の解決に貢献をしています。そういったことに関与できているということが、一番大きいかなと。

SBIグループは「新産業クリエーターを目指す」や、「正しい倫理的価値観を持つ」など5つ経営理念を掲げています。北尾にもいつも言われていますが、そういう観点から日本社会にとって必要なサービスや会社を支援できることに醍醐味を感じますね。

実際に事業をつくっていくのは出資先の経営者ですが、世の中を少しでも良い方向に変えるお手伝いができているのかなと思うと、やりがいを感じます。

次に投資先として注目したい分野は……

――今のCVCの動きをどのように見ていらっしゃいますか。

先ほどお話したような私が入社してからの十数年の潮流を考えたり、豊田章男さんの発言を鑑みると、CVCのブームは当然の流れというか、今後どんどん加速していくんじゃないかなと思っています。

――磯崎哲也さんは、CVCの機運の高まりはうれしいとおっしゃる反面、逆に景気が冷え込むと最初にお金を引き上げちゃう可能性があるのでそれは勘弁してほしいとおっしゃっていました。

ベンチャー業界って、浮き沈みがあるので、ダウントレンドになった際にどうかという話はあるんですけど……ベンチャー企業の支援者が増えるということ自体は、マクロ的にはすごくいいことですよね。

ただミクロで見ると、やっぱり事業会社は出資に対して、投資リターンというよりも、戦略的なリターンを求めるので……投資条件という観点では、我々のような一般的なVCと比較して緩い面があると考えています。結果として、株価が高く投資条件としては厳しい案件が増えてきているので、そのあたりは注意しなければならないかなと思っています。

――ベンチャー側に有利になるケースとはどういうものでしょうか。

分かりやすくご説明すると、たとえばメディア事業を行っているベンチャー企業が増資をするとなったとき、私や一緒に投資している他のVCの担当者は「リスクリターンを考慮すると、このぐらいの株価じゃないと採算が取れない、投資妙味がない」と判断します。

それはフェアな株価だと考えているのですが、事業シナジーを目的に出資をされる事業会社は経済的なリターンや採算性は一般的なVCと比べて重要な要素ではないので、我々が考えるより高い株価で出資に応じるケースがあります。

それで結果的に私たちの投資機会が失われるとか、場合によっては悪い条件で出資せざるを得ないケースも出てきたりするということですね。

――出資を受ける側としたらたくさんもらえるほうがいいかもしれませんが、バリューよりも高い額の出資を受けるということは、イグジットで求められるハードルも上がるということですかね。

そうですね。ただ、長期的に見ると、ベンチャー企業が試行錯誤できる資金がたくさん集まってきているということは、良いことだとは思っています。

――御社が投資先として力入れてらっしゃる業界はITやバイオ、環境エネルギーだと思いますが、その中でも、またその他の分野で、何か今後、注力したい分野はありますか?

FinTech、AI、ブロックチェーン、IoT、5G領域には注目をしています。その他ですと、日本企業の海外進出支援など、中小企業の労働生産性の向上に資するサービスについても、市場も大きく社会的意義も大きいので注目しています。

取材・濱田 優(ZUU online編集長) 写真・森口新太郎 ※本インタビューは2019年に実施されたものです