AI,伸びる業種,
(写真= maxuser /Shutterstock.com)

目次

  1. AIで伸びる業種・衰退する業種 世界を変える可能性
  2. 必要とされる人材~AIの基盤を支えるハードウェア、学術研究
  3. 職場を追われる人~不誠実な管理業務
  4. 最終決定権を握るのは
  5. 人間よりAIが優れているのは「嘘をつかない」点

AIで伸びる業種・衰退する業種 世界を変える可能性

AI(人工知能)はさまざまな産業・業種で活用が始まっている。かつて蒸気機関やインターネットが世界を一変させたように、AIにおける技術革新も世界を変える可能性を秘めている。おそらく経済でも今後、AIによって飛躍的に成長する分野と、AI化の波によって姿を変えざるを得ない分野がでてくるだろう。

そして、同じ会社の中でもAIによって活躍の場が与えられる人がいる一方で、残念ながら、それまでの役割を失う人も現れるだろう。AIが私たちの仕事や働き方にどのような影響を及ぼすのか、予測してみたい。

必要とされる人材~AIの基盤を支えるハードウェア、学術研究

AIはICT(情報通信技術)をフル活用するため、この部分に関わる仕事、つまりハードウェアを構築したり、通信インフラを整備したりといった職務に就く人は最重要の人材となる。安定して稼働する優れたハードウェアがなければ、いくら優れたAIがあっても利用することはできない。

また、AIを構築するプログラムの部分は、それまでの研究業務や、蓄積された経験則をもとにするため、基礎研究を含んだあらゆる学術分野が注目を浴びる可能性がある。これまでは「経済学や経営学など、実践にはあまり役に立たない」と斬って捨てられていた部分もあったが、学術研究は人知を尽くした「財産」であり、AIがその財産をわかりやすい形でフィードバックしてくれるのなら、実践における利便性は飛躍的に向上する。

研究開発に力を入れ、適切な予算を投じることに理解のある企業は、うまくAIを活用することによって、大きく成長する可能性がある。

また、AIを正しく理解するためのリテラシーも必要となり、初等教育段階からのICT教育も必要になるだろう。それに合わせたカリキュラムにする必要があるため、教育分野においても、ICTに精通した人材は需要を増すに違いない。

職場を追われる人~不誠実な管理業務

反面、AIを活用することによって、重要性が低下する職種も、残念ながら存在する。よく聞かれるのが「単純作業をAIに行わせるようになるため、それに従事している人間は職を追われる」という予測である。確かにそれもあるかもしれないが、それは「ロボット」の話であり、AIとは少し異なる。

筆者が特に注目したいのは、企業内で労務管理を行う部署や管理職がAIにとって代わられるのではないかという点である。管理職は、部下の働き具合を査定する義務を持つ。その査定が記録として残るのであれば、それを基にしてAIが従業員を「公平に」判断し、得られたフィードバックから経営層が従業員を「公平に」判断することが可能となる。

「ブラック企業」という言葉がちまたでは使われているが、残業時間が多い者が単純に評価されたり、使用した有給休暇が少ない者が評価されたりといった、不誠実かつ不条理な評価が行われているブラック企業も多い。

この部分がAIを活用することによって正当に評価されるようになれば、採用面接業務なども含めてAIを使ったソリューションを提供できる会社に、人事業務を委託することも可能となる。公平な管理手段が経営層に直接届けられれば、こういった不誠実な人事管理業務は社会から必要とされなくなるのではないだろうか。事実、そのような「人事ソリューション」を提供する会社は急速に増えつつある。

最終決定権を握るのは

実はここでの区分は「職種」であり、「業種」で区切っているわけではない。例えば製造業の現場では、組み立てなどの単純労働者は減少する一方で、、生産現場を支えるインフラに関連する職務に従事する人の重要性が増すといった具合に、同じ業種の中でも衰退する部分と伸びる部分が明確に分かれていくことだろう。

かつて1980年代に「産業用ロボットが人間の職を完全に奪う」と危惧されたことがあったが、それより40年近くたっても、工場で働く人は必要とされており、決してゼロになるわけではない。

人が考えることを代行するとされるAIだが、最終決定を行うのは間であり、AIはその意思決定の補助をするだけにすぎない。もちろん意思決定の部分を自動化するということも可能だが、その決定された結果で事故が発生したり大きな損失が出たりした場合、誰がその責任を取るのかという難しい問題がある。

人間に最終決定権を残したままの場合、AIによって得られたフィードバックを判断するのは人間になるので、「職域区分」は明確となる。産業用ロボットが急速に伸びてきた時代同様、人間を全く必要としない社会が到来するとは考えにくい。

人間よりAIが優れているのは「嘘をつかない」点

AIは使われるプログラムの種類にもよるが、基本的には人間が下しがちな恣意的な判断や楽観的な判断を安易に行わない。もちろん根回しや出世欲というのも持ち合わせていないので、AIが下す判断は極めて客観的かつ不偏的なものになる。

考えるためのアイデアを得る引き出しとしてAIは存在するが、公平に考えるためのツールとしてAIを使うことができるようになれば、人間がAIを使って人間らしさを取り戻し、AIには真似ができない分野、つまりクリエイティブな仕事に集中することができるようになるのではないだろうか。

そんな社会が現実のものになったとき、誠実さのかけらもなく、嘘をつき、無意味な根性論に固執する人間は、AIに職を追われることを覚悟しなくてはならないだろう。

文・信濃兼好(メガリスITアライアンス ITコンサルタント)