「近代日本資本主義の父」とも呼ばれ、500以上の会社設立に携わった起業家・渋沢栄一が活躍したのは江戸から明治への時代の変革期だった。

渋沢栄一が残した教訓の中でも特に、現代のイノベーターにとっても教訓になり得るエッセンスとは何か。渋沢栄一の玄孫(やしゃご)でありコモンズ投信会長、渋澤健氏のインタビューでは、「資本家思考」の中でも特に、時代の変革期に活躍するイノベーターとして必要な素質を聞いた。

渋沢栄一の資本家思考#3
(写真=森口新太郎)
渋澤健さん
1983年テキサス大学卒業、日本国際交流センター入社後、1987年UCLA大学MBA経営大学院卒業。ファースト・ボストン証券で外国債券を担当。JPモルガン銀行、JPモルガン証券、ゴールドマン・サックス証券を経て、1996年ムーア・キャピタル・マネジメント入社。2001年シブサワ・アンド・カンパニー、2007年に現在のコモンズ投信を創業。社会貢献活動にも積極的に関わっており、2016年にアフリカで起業する若手日本人を支援する「アフリカ起業支援コンソーシアム」を創設、事務局を務める。

渋沢栄一が目指したのは「結果平等」ではなく「機会平等」

――できる限り格差を生まないために、経営者はどのような努力をすべきなのでしょう。

2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された国際目標に、「SDGs(持続可能な開発目標)」があります。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットの実現を目指し、地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。

国主導ではありますが、国だけではできません。地域単位、組織単位、会社単位の取り組みが必要です。会社では経営者も従業員も等しくSDGsを意識した行動を取ることが求められます。そうした行動の積み重ねにより持続可能な世界を実現に近づいていくのですが、じつはそれだけでは2030年に間に合いません。SDGsを実現するうえでとても重要なことは、「バックキャスティング」という、未来の目標を設定してそこから現在を振り返り、今何をすべきかを考える手法を取り入れることです。

不断の積み重ねと、未来から逆算した部分が交わるところに新しい価値が生まれる。新しい価値の担い手に企業がなるわけです。この場合の企業には経営者、従業員、取引先、顧客なども含まれます。

コモンズ投信会長として重視していること

渋沢栄一の資本家思考#3
(写真=森口新太郎)

――渋澤さんはコモンズ投信のファンドの運用者の立場では、経営者のどの部分を重視していますか。

一概に言えることではありませんが、経営者が社員や取引先、顧客に信頼されているかどうかでしょうね。取引先、顧客にはいい顔をしていても、社内では横暴という人もいますから、従業員の信頼が一番大切かな(笑)。

もちろん外部から見てすぐに分かることではありませんが、2018年に資生堂社長の魚谷雅彦さんを、子どもたちとともにお金や社会のことを学ぶ「こどもトラストセミナー」にお招きしたときにとても喜んでいただいて、こういう素顔が根アカな経営者なら、社員は信頼して働けるだろうなと思いました。

それから決断できる人。経営者として面談したときに「わが社は判断材料が出るのを待って慎重に検討します」なんて答えられたらイケてないと思う。検討中に競合他社に先行されるかもしれない。事業環境が変わるかもしれない。拙速な決断を求めているわけではなく、すべての材料が出そろわなくても、経験などを元に的確な判断をして、決断してほしい。

日本の典型的な社長は、真面目で慎重。社内では周囲の忖度が働いて物事が進まず、気がついたら海外の競合企業に先を越されるという残念なことが多々ありました。

渋沢栄一は「蟹穴主義」と言っています。蟹は甲羅に似せて穴を掘るということから、「分」を守るということ。でも経営者はタイミングが訪れたときは、いくべきだと思います。タイミングを待つことと、判断材料が集まるのを待つことは違いますからね。

「できる・できない」よりも「やりたい・やりたくない」

――「タイミングが訪れたときはいくべき」は、投資でも同じですか。

収益を得るチャンスを失っても、またチャンスを待つことができます。投資資金を減らしても回復させることができます。でも、どうしようかと迷っていて失った時間は取り戻せません。時間をかけてパーフェクトに情報を集める必要はなくて、まず積み立て投資を始めてみる。一歩踏み出すべきでしょう。

――一歩踏み出すとは、どういうことですか。

それは自分のコンフォートゾーン(快適な空間)にとどまり続けるのではなく、いろいろな刺激を求めて外に出て、成長の種を見つけて、コンフォートゾーンに持ち帰ること。新しい環境に入ると、それまでOFFになっていたスイッチが入り、見えなかった物が見え始めるものです。その体感の繰り返しが経験になり、新たな決断に役立ちます。

――起業家思考、資本家思考を持っている人が成功するために欠かせないことは何でしょうか。

「できる・できない」を横軸、「やりたい・やりたくない」を縦軸に取ったポジショニングマップをイメージしてください。赤ん坊の頃は誰でも「やりたい・やりたくない」の縦軸を行き来して泣いたり笑ったりしていましたが、しつけ、教育、社会経験を積むうちに「できる・できない」の横軸で判断するようになります。やりたいけれど、できなそうなら諦めてしまう。ところが一部の起業家・資本家は大人になっても「やりたい・やりたくない」の縦軸で判断する。ソフトバンクの孫正義さんや楽天の三木谷浩史さんなどは、赤ん坊の軸で動いて成功した典型例でしょう(笑)。

「できる・できない」軸で考える積み重ね思考はある意味「見える未来」を予測して物事を進めているということです。それはAIでもできることで、人間の素晴らしいところは飛躍できるところ、理想を描くことができることではないでしょうか。「こうあってほしい」という「見えない未来」を信じて、自分なりに可視化していくことができる。資本家というのは、今見えている範囲の外から成長や気づきを呼び込んでいる人のことだと思いますよ。

これから起業を目指す人、会社の中で起業家精神を持って働きたい人は、自分がどの軸で考え行動しているのかを見直してみるといいですね。

取材・山本信幸
写真・森口新太郎