新1万円札の肖像となることが決定した、日本の起業家の先駆け・渋沢栄一の思考を、彼の玄孫(やしゃご)でありコモンズ投信会長の渋澤健さんにインタビューしている。

約500もの会社設立に携わった渋沢栄一は怒りを抱いていたといい、コモンズ投信を創業した渋澤健氏自身も創業時には日本社会への怒りがあったそうだ。起業家を駆り立てる怒りの正体とは?

渋澤健さん
1983年テキサス大学卒業、日本国際交流センター入社後、1987年UCLA大学MBA経営大学院卒業。ファースト・ボストン証券で外国債券を担当。JPモルガン銀行、JPモルガン証券、ゴールドマン・サックス証券を経て、1996年ムーア・キャピタル・マネジメント入社。2001年シブサワ・アンド・カンパニー、2007年に現在のコモンズ投信を創業。社会貢献活動にも積極的に関わっており、2016年にアフリカで起業する若手日本人を支援する「アフリカ起業支援コンソーシアム」を創設、事務局を務める。

渋沢栄一が追求した「私利」と「公益」

渋沢栄一の資本家思考#2
(写真=森口新太郎)

――渋沢栄一は「公益」を追求したといわれています。私利私欲では動かなかったということでしょうか。

公益という言葉はあまり好きではないのですが、彼は公益と言いながら、私利のためにやっていた部分もあります。私利とは、自分が大もうけをするということではなくて、自分がやりたいことを徹底的にやるということです。『論語と算盤」には「公益となるべきほどの私利でなければ真の私利とは言えない」とあります。

――「論語と算盤」は論語(倫理)と算盤(利益)を両立させて経済を発展させるという考え方です。なぜ論語を基盤に置いたのでしょう。

渋沢栄一だけが倫理や道徳と利益の両立を考えたわけではありません。英国の経済学者アダム・スミスは「国富論」で知られていますが、その前に「道徳感情論」という本を書いています。アダム・スミスも利益だけを見ていたわけではなかった。

彼が論語を基盤としたのは、紀元前から続く儒教の教えであり、普遍性があったからでしょう。論語をそのまま用いず、「論語と算盤」という平易な内容の本を書いたのは、江戸時代までの論語は「儒教学者がこねくり回して難しくしてしまった」という怒りが根底にあるためのようです。

起業家にとって怒りは不可欠です。彼は武士が「士農工商」という階級を勝手につくって、汗水垂らして働いている商人を下に見て、上前をはねていたと怒っています。おそらく土佐の下級武士だった岩崎弥太郎も同じ怒りを抱いていたでしょう。下級武士は上司のいいなりになるしかありません。二人とも武士の時代に生まれ、その時代の縛りの中で育ち、怒りをため込んで、明治維新によってはじけて、実業家として成功した。「なんとかなるんじゃないか」と逃げていたのではだめ。この怒りはパッションと言い換えると分かりやすいですね。

渋澤健氏が抱いていた、日本社会への怒り

――渋澤さんは2001年にシブサワ・アンド・カンパニー、2007年にコモンズ投信を創業しています。どのような怒りを抱いていたのですか。

日本社会に怒りを感じていました。私は小学2年から大学まで米国で育ったのですが、日本の高度成長期は「エコノミックアニマル」と呼ばれて人間ではないような扱いを受けた。1990年代、日本の存在感が低下してくると「ジャパンパッシング」されてしまう。それでいて外国の人は日本が好きだし、日本の商品を買っている。日本人も一人一人は面白いね、と言ってもらえるのに、組織単位、国単位になるとつまらない人間になってしまう。つまり、ポテンシャルがあるのに出し切れていないし、自己PRが下手なところに歯がゆさを感じていました。それがヘッジファンドを辞めて起業するパッションになっていました。

――起業家や資本家とサラリーマンの大きな違いは、どこにあるのでしょう。

資本家は会社の当事者です。当事者だから会社がつぶれたら出資したお金はゼロになる。経営がうまくいけば利益の分配を受ける権利がある。けれど、権利の裏側には義務・責任があることはあまり指摘されていません。資本の義務・責任とは、今の言葉では「環境(Environment)」、「社会(Social)」、「ガバナンス(Governance)」の「ESG」です。一方、サラリーマンは会社がつぶれたら、(簡単ではないものの)他社に移ることができるので、会社の活動を他人事として捉えがちです。

渋沢栄一が目指したのは「結果平等」ではなく「機会平等」

――資本主義が大きな格差を生んでいるという批判についてはどうお考えですか。

資本主義が格差を生むことは否定できません。例えば米国と日本の個人金融資産の増え方を比較すると、米国は20年間で約3倍に増え、日本はほとんど増えていないというデータがあり米国のほうが豊かに見えるのですが、米国人の平均貯蓄額は日本人からみると異常なほど少ないというデータもあります。Facebookのマーク・ザッカーバーグのような大金持ちがいる一方で、1000ドルの医療費の支払いに困っている人もいる。ミドル層が減って富裕層と貧困層の2極化が進んでいます。

先進国ではどこでも同じ問題を抱えていて、グラフに描くとゾウが鼻の先を持ち上げたようなエレファントカーブになる(ゾウの胴体が貧困そう、長い鼻の地面に近い部分がミドル層、鼻先が富裕層)になっています。資本主義は格差を生むことを目的としているわけではありませんが、結果的に生んでいます。

――収入や資産の格差を解消するためには、何ができるのでしょうか。

渋沢栄一は「論語と算盤」の中で、「富の分配平均などとは思いも寄らぬ空想である」「乞食(こじき)が俄(にわか)に大名になったというような方法では、慈善が慈善でなく、救恤(きゅうじゅつ)が救恤でなくなる」と指摘しています。つまり結果平等ではなく、機会平等を目指すべきであり、オポチュニティー(機会)には、誰でもアクセスできるような仕組みを作ることが大事というわけです。自分が自発的に豊かになることが、世の中が豊かになることにつながります。

今は明治時代に比べればオポチュニティーがあると思いますが、取り残された人もかなりいる。格差の解消には、サスティナビリティ(持続可能)な社会にすることが不可欠で、サスティナビリティのためには、インクルージョン(経験や能力が認められ社会に参画できる状態)を目指さなければなりません。

取材・山本信幸
写真・森口新太郎