内閣府が2019年7月に発表した2019年度年次経済財政報告(経済財政白書)によると、多様な人材を活用していくために、会社に年功序列や長時間労働といった「日本的な雇用慣行の見直し」を図ることを求めている。変化を求められているのは、従業員側も同じだ。 会社の指示を待って動くのではなく、起業家の思考を持って自発的に働くことが求められる。

起業家の思考とはどのような思考なのか。2024年から流通が始まる新1万円札の肖像となることが決定した、日本の起業家の先駆け・渋沢栄一の思考を、彼の玄孫(やしゃご、孫の孫)でありコモンズ投信会長の渋澤健さんに聞いた。

渋澤健さん
1983年テキサス大学卒業、日本国際交流センター入社後、1987年UCLA大学MBA経営大学院卒業。ファースト・ボストン証券で外国債券を担当。JPモルガン銀行、JPモルガン証券、ゴールドマン・サックス証券を経て、1996年ムーア・キャピタル・マネジメント入社。2001年シブサワ・アンド・カンパニー、2007年に現在のコモンズ投信を創業。社会貢献活動にも積極的に関わっており、2016年にアフリカで起業する若手日本人を支援する「アフリカ起業支援コンソーシアム」を創設、事務局を務める。

新1万円札の肖像、渋沢栄一が起業家となった理由

渋沢栄一_1
(画像=a_text/stock.adobe.com)

――渋沢栄一は、約500の企業の育成と約600の社会公共事業などに携わり「近代日本資本主義の父」と呼ばれています。富裕な農家に生まれ、一橋慶喜(後の15代将軍・徳川慶喜)に仕え、明治維新後は民部省の役人となった渋沢栄一は、なぜ〝道〟を外れ、起業家となったのでしょう。

渋沢栄一は「近代日本資本主義の父」と呼ばれていますが、本人は資本主義ではなく「合本主義」という言葉を使っていました。合本主義とは、公益を追求するためにもっとも適した人材と資本を集めて、事業を推進させるという考え方です。合本主義を日本に導入した背景には、ヨーロッパのような工業化を中心とする近代社会に変えるためには、まず民間力を高めることが先決で、民間が豊かになれば国が豊かになり、国力が高まるというロジックがありました。

――同じ時期、財閥が出現しています。岩崎弥太郎は三菱財閥をつくり、巨万の富を得ました。

渋沢栄一も金もうけを否定しているわけではありません。算盤(そろばん)が回ってこそ、社会の豊かさが増すと理解していました。

財閥とは、資本を持っている人が事業を支配するという、ある意味では普通の考え方です。しかし渋沢栄一は500社以上の会社を少人数が拠出した資本で支配するつもりはなかった。「この事業は国の発展のために必要だ」と判断すれば、株主の一人として自分が入りました。それが信用となり、たくさんの人々の資本を呼び込むことにつながりました。今の時代の文脈では、「少数株主の推進者」ということになるでしょう。ガバナンス(企業統治)の本質は大株主の言うことだけを聞くのではなく、少数株主の意見も聞くというところにあります。社外取締役の役割の一つは少数株主の意見を代弁することですが、渋沢栄一は100年も前に実践していたことになります。

少数株主の推進は、企業が得た利益を多くの人に還元する目的があります。先にお話したように、多くの人が豊かになれば社会の富が増し、結果として国力が高まる。まぁ、子孫としては、財閥をつくってくれてもよかったのですが(笑)。

500社の「経営適任者」の見つけ方

――超人とも思える渋沢栄一といえども一人で500社を経営することはできません。ほとんどの会社を他人に任せていましたが、どのように適任者を見つけていたのでしょうか。

社会的な地位にこだわらず、いろいろな人と会っていました。出勤前にも自宅に起業を志す人たちが訪ねてきていて、彼は門前払いをすることがなかった。もちろん周囲の人が忖度して家の中に通す人を選んでいたのかもしれませんが(笑)。人々が訪ねてきたのは、財界に顔が利いたし、豊かな人脈ができていたからでしょうが、それ以上に社会活動に関与していたという実績があったから頼られたのでしょうね。決して自宅の前に「起業無料相談所」という看板を立てていたということではないと思いますよ(笑)。

――どんな性格の人だったのでしょう。

晩年の写真は穏やかな表情をしていますが、若い頃は気が強くて、負けず嫌いで好奇心が強く、晩年は頑固親父だったと思います。きっと血液型はB型ですよ、私がそうだから(笑)。お金をためるとか、権力を握ることにはあまり関心がなかったようですが、国を良くしたいという願望、欲望は強かったと思います。

取材・山本信幸
写真・森口新太郎