人生において最も重要な資本である「健康」を維持し、QOLを上げていくために必要な健康知識を聞く内科医・名取宏氏へのインタビュー。

今回はがん検診を中心に検診のメリットとデメリットについて語ってもらった。

「あらゆる検診に害がある」

予防医療は健康を維持するのに必須!すぐに始められる予防医療とは?
(画像=group of doctors in a medical office./Adobe Stock)

――検診についても健康食品やサプリメントと同じように「検診を受けるだけなら害もないだろうしいいんじゃないの?」と考える人も多いと思いますが。

医師向けに書かれた検診の教科書の序文には「あらゆる検診に害がある」という記述があります。

特にがん検診については、20~30年ほど前から「デメリットがあるのではないか」と言われ始めています。実際、臨床試験などでは、「利益もあるけれど限定的で、害は想定より大きい」という結果が出てきているのです。

乳がん、大腸がん、子宮頸がんについては検診の有効性が国際的に認められているのですが、それ以外のがん検診は害が確実にある一方で、利益はあるのかわからないという見解が一般的になりつつあります。

以前はどのようながんであっても「検診で早く発見して治しましょう」という考えが一般的でした。しかし、医学界でパラダイムシフトが始まっており、そうした流れが4〜5年前から一般にもおりてきています。若い医師の方々はみんな勉強しているので、そのうちこうした考えが常識になると思います。

――確かに、がんというと「早く見つけて、早く切らないと」といったイメージがありますね。

残念ながら、死に至るがんというのは、検診を受けていたとしても死んでしまう可能性が高いのです。見つかれば助かる、検診を受けたことで対応できるレベルのがんというのは本当に一握りなのです。

高額ながん検診はコスパが悪い

――それでも「年1回会社の健康診断を受けるだけでは不安」「時間とお金に余裕もあるし、がんを防ぐためになんとかしたい」と考える人もいると思います。そうした人はどんな検診を受ければ良いのでしょうか。

これも面白くないかもしれませんが、厚生労働省が推奨している検診を受けるというのが最も無難だと思います。具体的には、「乳がん」「大腸がん」「子宮頸がん」「肺がん」「胃がん」です。日本人を対象にした研究も加味されて推奨されています。

胃がんの検診は、胃部エックス線検査または胃内視鏡検査が標準ですが、リスク因子であるピロリ菌感染や胃の萎縮を調べてリスクの高い人だけ精密検査するという方法もあり、これは現時点では証拠が不十分なものの、おそらく有効だろうと思われます。

このような細かい問題がありますが、一般の人にとっては厚生労働省が「やった方がいいよ」という検診を受けるのが一番確実かつ金銭的コストが安い方法だと思います。多くの場合、補助も出ます。

推奨対象外の検診となると、費用がかさみます。人間ドックに様々なガン検診オプションをつけると、すぐに10万、20万といった費用がかかってしまいます。

実際にその検診に「10万の価値があるか?」というと、おそらく「ない」。あるいは、「価値があるかないかはよくわからない」というのが現実です。正直なところ、臨床試験に参加するならともかく、10万円払って、そうした検診を受けるのは非常にコストパフォーマンスがよくないと思います。

私自身は、無料でも、お金が無限にあってもオプションのガン検診は受けません。なぜなら、先程からお話ししているとおり、害のほうが大きい可能性があるからです。

――検診が害になる可能性があるというのは、あまり知られていないと思います。

正直、医師でもあまりよく分かってない人が多いと思います。

難しいのは、有害なガン検診であっても「検診によって害を受けた」ということがわからない点です。

韓国の甲状腺がん検診の事例でもそうだったのですが、放っておいても問題ないがんを見つけて治療するというのは、それが明らかに有害であっても治療を受けた本人は、「がんを発見してもらい、手術して再発もないので『助けてもらった』」と思ってしまうのです。

そうなると、「じゃあどんどん見つけて、どんどん治療しよう」となってしまうので、本来であれば、がん検診の専門家が「この検診は、はたして有効なのか?」「どれぐらいメリットあるのか?」ということを検証してから行うべきです。

そうした部分が曖昧というか、なあなあでやってきた歴史があるのですが、今では国家試験でも検診の問題点についての出題がありますし、先ほど述べたように若い医師は事情を理解しているので、これからは変わっていくと思います。

富裕層ほど「ニセ医学」に注意すべき

――がんについてはよく怪しげな代替治療についての記事も見かけることがあります。そういったものは勧める医者の側にも、自由診療になる分、病院が儲かるというインセンティブが働きやすいのでしょうか?

実際に儲かっているかどうかは私にはわかりません。ひょっとしたら裏で苦労している可能性もあるでしょう。

しかし、効果の怪しい点滴で何十万円もとっているクリニックはあまり信用できません。一番腹立たしいのは、そういうところは入院設備を持っていないので、患者さんの容体が悪くなると、標準医療を行う病院に丸投げしてくることです。

そうした怒りに加えて「奴ら楽して儲けているに違いない」というような私の邪推もあるかもしれませんが、やはりインセンティブはあると思いますね。

――最近、アメリカで「若者の血を輸血して老化を防止する」というビジネスがあるという記事を見かけたのですが。

それはもう100パーセント、インチキなやつですね。「そんなわけあるかい!」で終わりです。

そうした治療法の効果の有無を確認するのであれば、数十人の高齢者を若者の血を輸血した群と輸血しなかった群に分けて比較した上で「確かに若者の血を入れた方が長生きする」という臨床試験をやらなければいけません。

しかし、そんな試験をやっているわけがない。ですから、そういう治療法は、もっともらしい理屈をつけて、お金だけ持っていて、リテラシーの低い人を騙してお金を巻き上げるためにでっち上げたものでしょう。

加えて言うのであれば、血液はウイルス感染症のリスクがあるので、お金をもらってもやりたくないレベルのものですね。

こうしたインチキな治療法が出てくるのは、やはりお金になるからです。お金持ちが100人いて、1人でも騙すことができれば大儲けできる。であれば騙す方は知恵を絞って、もっともらしいことを言うでしょう。

――そういう意味では、こうしたインチキな治療法はお金持ちこそ気をつけなければならないのかもしれませんね。

そうですね。ニュースなどを見ていると、著名人の中にも、人生の後半に標準医療からエビデンスのない治療に頼ってしまう人がいます。

騙されてしまう方の気持ちはよく分かりますが、騙す方は言語道断です。

お金に余裕がある人は騙されても、それほど大きなダメージは受けないかもしれません。しかし、何より大切な時間を浪費してしまうことが問題だと思います。

例えば、余命3ヶ月の人が、わざわざ週1日使って効果のよくわからない気功の治療を受けているといった話を聞くと「残り短い人生をそんなことに使わなくても‥」と思ってしまいます。それもご本人の気持ちを思うと、なかなか言えません。

――怪しげな代替医療に引っかからないようにするにはどうすれば良いのでしょうか?

一番のオススメは、自分の主治医に聞くことです。もちろん、医師によって技量や知識に差はあるでしょう。しかし、あなたの病状をよく知っているという点において、メディアに露出している多くの医師よりも信頼できる可能性は高いと思います。

それでも、何らかの理由で主治医を信頼できないというのであればセカンドオピニオンを求めると良いでしょう。その場合でも、これまでの治療の経緯がわかるよう、主治医に診療情報提供書を書いてもらうようにしてください。

医師が教える 最善の健康法
名取 宏(なとり・ひろむ)
内科医。医学部を卒業後、大学病院勤務、大学院などを経て、現在は福岡県の市中病院に勤務。診療のかたわら、インターネット上で医療・健康情報の見極め方を発信している。ハンドルネームはNATROM。

※画像をクリックするとAmazonに飛びます