日本でも消費増税を受け、キャッシュレス決済利用によるポイント還元制度がスタートしてからキャッシュレス化は一気に進んだ。新型コロナウイルスの影響で非接触型の決済サービスが勧められるようになり、ついに日本国内でも本格的にキャッシュレス化の波が押し寄せている。

本特集ではキャッシュレスの普及とニューペイメントの発展に取り組む「NCB Lab.」代表の佐藤元則さんに、キャッシュレスの現状や今後について教えてもらう。

現金主義やクレジットカードの浸透している日本ではキャッシュレス化のスピードが世界と比べてゆるやかであることがわかった。では、キャッシュレス化が進んだ世界ではキャッシュレスによってどのような恩恵がもたらされているのか。おもだった動きについて紹介してもらう。

佐藤元則(さとうもとのり)さん
NCB Lab.代表。1952年生まれ。1989年にカード・決済専門コンサルティング会社の「株式会社アイエスアイ」を設立。日本初の自由返済型クレジットカードや国際ブランドつきデビットカードなどを開発。1997年に日本カードビジネス協会(現NCB Lab.)代表に就任。キャッシュレス社会の普及とニューペイメントの発展に取り組み、NCB Lab.として年間600回以上のセミナーを開催している。著書に『金融破壊者たちの野望』(東洋経済新報社)などがある。https://www.ncblibrary.com

データ化された貨幣が経済の流れを加速させる

中国経済
(画像=PIXTA)

──日本ではキャッシュレス化が世界と比較してまだ進んでいないことがわかりましたが、キャッシュレス化が進むことによるメリットはどのようなものがあるのでしょうか。

まず、経済が人の体だとすると、お金は血液のようなものです。お金がスムーズにめぐることで、経済は活性化します。

高速道路の料金所を思い出していただくとわかりやすいですが、料金所ではETCという仕組みがありますね。あれもひとつの「キャッシュレス」なわけです。

高速道路の渋滞緩和に一役買ったETCは、国内での物流をスムーズにしました。モノの流れが速くなったのです。

さらに、小売店のレジ作業も簡略化されます。現金がなくなることで、つり銭の用意もレジ締めや売上の計算も必要なくなります。夜間金庫に預ける必要もなく、盗難の心配もありません。

もっといえば、飲食店などではオーダーもオンラインで行い、そのままテーブルで支払いができるようになるかもしれません。するとレジを担当するスタッフが必要なくなり、その分ホール業務にも集中できるようになりますね。

レストランチェーンの「ロイヤルホスト」を運営しているロイヤルホールディングス <8179> では既に完全キャッシュレスの店舗を実験的にオープンしています。

給与がキャッシュレスになることで経理が楽に

──全ての金銭がデータとしてやりとりされることで、現金によって持ち上がるリスクが解消されるのですね。

そうです。さらにこのメリットが得られるのは決済の場面だけではありません。

例えば、日本の企業に勤めている人が受け取る給与。現在は一ヵ月ごとに区切って計算し、銀行振込で支払われることが多いと思いますが、これがもし即日、しかも日ごとに支払われるとしたら、便利ではありませんか?

──合理的だし、経理担当者の月ごとの負担も減りますね。「給料日前で金欠」という会話もなくなりそう。

米国などでは給与を「ペイロールカード」と呼ばれるプリペイドカード宛にチャージできるしくみがつくられています。働いた分だけカードに給与がチャージされ、それを使ってその日に買い物や現金の引き出しができるカードです。

プリペイドカードへのチャージなので、銀行口座を必要としないため、口座を開設していない人にも給与の支払いができるようになります。外国人労働者の多い国では必須の支払方法になるでしょう。

米国ではUber Eats(ウーバーイーツ)の配達員やUber(ウーバー)のドライバーなど、スキマ時間を使って働くギグワーカーが増加していることも背景にあり、この層を中心に利用が伸びています。

中国ではさらに進化。買い物を全部お任せできるIoT決済へ

──キャッシュレスというのは決済の場面でだけ便利になるものかと思っていましたが、経済活動全体に関わるものなのですね。

決済以外の場面もキャッシュレス化することで、経済はさらに加速するでしょう。

モバイルキャッシュレス決済先進国ともいうべき中国では、既に次のステップへ向かっています。QRコードでのモバイル決済に続いて、IoT決済に移行しつつあるのです。例えば顔や音声といった生体認証による決済サービスの利用が始まっています。

スマートフォンなどで買い物をする際にAIアシスタントを使うユーザーも増えています。このときにどの決済サービスを使えば一番お得かをAIが判断してくれ、決済まで自動的に行ってくれる……そんな未来が近づいています。

──先端技術との連携にも大きな可能性がありそうですね。

決済は全ての購買行動の最後に位置するものですが、全ての購買行動からつながるものです。購買行動をさまざまな切り口からとらえることで、まだまだ面白いサービスは生まれる余地があると期待できますね。

***

キャッシュレスが進みつつある海外では、経済活動のさまざまな場面にキャッシュレスのメリットが生まれていると感じられた。

特に、店舗での決済のみならず給与の支払いにまでキャッシュレスの恩恵が表れているのは非常に興味深く、日本での導入の是非にも関心を呼びそうだ。

取材、文・藤堂真衣