「Googleのことが好きだったし、すごく見切り発車でした。でも、自分の気持ちに従ったんです」

「働きやすい社会づくり」を目指す一般社団法人at Will Work代表理事を務める藤本あゆみさんはかつてGoogleで人材業界担当の営業マネージャーとして勤めていた。やりがいのある仕事、大好きな会社を辞めて一般社団法人を立ち上げ、現在は代表理事を続けながらシリコンバレー発のインキュベーションプラットフォームPlug and Play Japanでマーケティング、コミュニケーション担当として働いている。

自身もファウンダーであり、またファウンダーの支援を行っている藤本さんに、「ファウンダー(Founder、創設者)」のリアルについて尋ねた。「ファウンダーに必要な力」を考えてみたい。

藤本あゆみさん
一般社団法人at Will Work代表理事、Plug and play Japan VP・マーケティング・コミュニケーションディレクター、一般社団法人日本マーケターキャリア協会理事。1979年生まれ。大学卒業後、2002年キャリアデザインセンターに入社。求人広告媒体の営業職を経験。07年4月Googleに転職。代理店渉外職を経て、人材業界担当の営業マネージャーに就任。女性活躍プロジェクト「Women Will Project」の担当を経て、16年に一般社団法人at Will Workを設立。株式会社お金のデザインにてPRマネージャーを担当、18年よりPlug and Play Japan にてマーケティング、コミュニケーションディレクターとして新たなキャリアをスタートした。

ファウンダー支援の現場は「毎日が文化祭の前日」

女性創業者#5
(写真=森口新太郎、ZUU online編集部)

──藤本さんは現在、3つの団体に所属されていますが、お仕事としてはPlug and Play Japanがメインになるのでしょうか?

はい。アクセラレーションプログラムという事業創造のプログラムがあり、スタートアップと企業のそれぞれをフォローするチームがいます。Plug and Playでは定期的にピッチイベントなどを開催していて、その準備や運営を担当しています。日々いろいろな組織や企業さんからイベントの打診があり、毎日が「文化祭の前日」のような目まぐるしさ(笑)。

なかでも私が担当しているのは、Plug and Playがかかわるイベントなどのクオリティコントロールですね。管理や運営、現場での作業もすべて携わっています。

──Googleでは営業職、お金のデザインではPR、現在はマーケティングも……と、さまざまな職種を経験されていますよね。

Plug and Playに入るときに、PRをやりたいと思っていました。そこにマーケティングもやってもらいたいというお話を受けて、肩書も「CMO(Chief Marketing Officer)」と決まりかけました。でも私はマーケティング責任者ではなく、対外的なコミュニケーションが専門だったし、ここでもそれを担いたい。そんな思いから「マーケティング・コミュニケーション」というワードを入れさせてもらうことになりました。

ですからPR一筋というわけでもなく、ステークホルダーとのコミュニケーションやブランディング、社外とのコミュニケーション全般をマネジメントするのが自分の役目かなと考えています。

Google社員から一般社団法人at Will Work設立へ

──藤本さんは2016年に一般社団法人at Will Workを立ち上げましたが、設立の経緯や当時の思いをお聞かせいただけますか?

多分、これは私一人だったらやらなかったことだと思います。

Googleにいた頃にかかわった「Women Will Project」がきっかけで、女性の働き方を考えるようになりました。お母さんにとっていい働き方って、すべての人にとっていい働き方だよねという話をしていくなかで、Googleという枠組みの外でもさらにいろいろな働き方やツールをフラットに取り入れられたら……と盛り上がり、at Will Workの構想へとつながっていきました。

そのときはまだ、自分が代表になるということは考えていませんでした。私はGoogleの社員でしたし、その立場からいろいろなことができそうだな、くらいにしか考えていなかったんです。

──当時は、「誰かにやってほしい」という感覚だったんですね。

でも誰かが動かさないとスタートしないということは分かっていたし、Googleでは長く働いていたこともあって「そろそろ違うチャレンジをするときなのかもしれない」と感じるようになって。のちに共同代表になる松林大輔さん(ストリートスマート代表)と話すなかで「私が辞めたら一緒にやってくれますか?」と尋ねてみたら、「やりましょうよ!」って。

だから、一人でやろうっていうくらいの覚悟があったわけではなくて、一緒に動いてくれる仲間がいたから思いきれたんですよ。

──Googleを辞めるという判断に不安はありませんでしたか?

やっぱりありました。Googleのことが大好きだったし。でも、何か新しいことをしたいという気持ちでモヤモヤしていて、「今なんじゃないかな」と感じたことが大きいです。

Googleではどんどんキャリアアップもできましたが、それだけに「大手企業・広告担当・営業職」という立場から動けなくなってしまっていて……。もっとワクワクしたい!という気持ちに従いました。

立ち上げたat Will Workは5年間限定の団体。働き方というのは「いつか変わればいい」タイプのものではなくて、今すぐにアクションする必要がある。だから、まずは5年間でどれだけ変化を起こせるかを見ていこうと決めました。

1年目から600人規模のカンファレンスに挑戦

女性創業者#5
(写真=森口新太郎)

──設立当時、どのようなことに苦労しましたか?

私自身も、もちろんat Will Workという組織自体も、知名度はありませんでした。今になってみれば分かることですが、本当は、どなたか有名な識者をアドバイザーとして招いたり、その人にスピーカーの役割をしてもらったり、自分自身が有名であれば「私が立ち上げました」と宣伝したりというのが定石ですよね。

at Will Workは「誰が何のために何をしているのか」をアピールできていなくて。思いだけで立ち上げるのは意外と大変だな……と後から気がつきました(笑)。

──その状況はどのようにして乗り越えたのでしょうか?

一番効果があったのは、初年度のカンファレンスですね。普通は少人数のコミュニティづくりから始めて、徐々に育てていくものなのですが、at Will Workは初年度から「虎ノ門ヒルズで600人を集めます」と宣言したんですよ。

──ほかの社団法人の人が聞いたらビックリですよね。

本当にね。これはイベント関連サービスを運営しているGoogle時代の先輩の案で、at Will Workのやりたいことや表現したいことを伝えながら相談したら「それは初年度からぶっ放していこう!」って。

でも虎ノ門ヒルズってどうしたら借りられるのか、いくらかかるのか。私たちには知名度もブランドもないのに……と思っていましたが、また先輩からのアドバイスで「ないならこれから作ればいいよ」って(笑)。そうか、ないからどうしよう?ではなくて、ないなら作ればいいんだ、と気持ちが切り替わり、「2017年2月に虎ノ門ヒルズでカンファレンスをやります」と宣言しました。

そこからは営業の経験を生かして、この目標を達成するためには誰からお金を出してもらうのか、どんな人に登壇してもらえば人が集まるのかを考えて、組み立てていきました。

結果として1000万円を超える協賛を集め、当日は700人がご来場くださり、盛況といえる結果になりました。2年目以降のハードルも上がってしまったんですけど(笑)。

***

at Will Workの立ち上げについて尋ねた際の「一人ではやらなかったと思う」という藤本さんの言葉が印象的だった。

「ファウンダー=リーダー」としてどんどんみんなを引っ張っていくタイプ、というイメージとは少し違って、誰かと一緒に、第三者の助けを借りながら。そんな新たなファウンダーの姿が浮かんできた。

次回はファウンダーの資質と条件をテーマに、どうすれば事業を成功に導けるのか、ファウンダーになれるのかを探ってみたい。

取材・藤堂真衣 写真・森口新太郎

つづく