日本でも消費増税を受け、キャッシュレス決済利用によるポイント還元制度がスタートしてからキャッシュレス化は一気に進んだ。新型コロナウイルスの影響で非接触型の決済サービスが勧められるようになり、ついに日本国内でも本格的にキャッシュレス化の波が押し寄せている。

そこでキャッシュレスの普及とニューペイメントの発展に取り組む「NCB Lab.」代表の佐藤元則さんに、キャッシュレスの現状や今後について教えてもらう。

今回は日本国内でのモバイルキャッシュレス決済の普及と、世界でのキャッシュレス決済の動きを比較してみたい。果たして日本は、世界の“スタンダード”に遅れてはいないのだろうか。

佐藤元則(さとうもとのり)さん
NCB Lab.代表。1952年生まれ。1989年にカード・決済専門コンサルティング会社の「株式会社アイエスアイ」を設立。日本初の自由返済型クレジットカードや国際ブランドつきデビットカードなどを開発。1997年に日本カードビジネス協会(現NCB Lab.)代表に就任。キャッシュレス社会の普及とニューペイメントの発展に取り組み、NCB Lab.として年間600回以上のセミナーを開催している。著書に『金融破壊者たちの野望』(東洋経済新報社)などがある。https://www.ncblibrary.com

日本人の“財布が好き”な国民性

キャッシュレス_2
(画像=adobe.stock.com)

──2018年の終わりごろには、PayPay株式会社による決済サービス「PayPay」が総額100億円ものキャッシュバックキャンペーンを行い、大きな話題になりました。国内でもモバイル決済は定着しつつあるのでしょうか。

大きなインパクトではありましたね。メディアによって大きく取り上げられたことで、これまでモバイル決済を使ってこなかった層にもリーチできたといえるでしょう。ユーザー数は着実に伸びているといえます。

──完全キャッシュレスの未来も遠くはなさそうですね。

そうなるとよいのですが、課題もありますね。日本人は財布が好きですから、現金を持ち歩くのをやめないでしょう。

お金持ちは財布を持たない、と言われることもありますが、やはりほとんどの人は財布を持っていますし、ある程度の現金も持ち歩いていますよね。ハイブランドの財布を持っていることが日本人にとってはステータスでもあるのです。

財布を持たない中国人、米国人

──確かに、立場や年齢に応じてきちんとした財布を買わなければという気持ちはあるかもしれません。

キャッシュレスが飛躍的に進んでいる中国では、財布を持たない人がどんどん増えています。ハイブランドのショップでも中国では財布を売るのに苦戦していたり、販売をとりやめたりしているほどです。

日本を訪れた中国人観光客は、旅行中だけ日本のATMで現金をおろして使うそうです。日本には、まだモバイル決済に対応していない店舗もたくさんありますから。そういった点でも、日本は「遅れている」かもしれませんね。

米国でも財布を持たない人は増えています。ピュー・リサーチ・センターの2018年9月の調査によると、米国では現金をまったく持たないという人が50歳以下で約52%。万が一に備えて持っているという人が48%います。

また、このホリデーシーズンに向けての調査では、買い物に「現金のみを使う」という人が2015年の24%から18%に減少し、完全キャッシュレスという人が24%から28%に増えたという結果が出ました。

現金を持っているとしてもチップ用に1ドル札とマネークリップだけを持っていて、あとはカードケースだけという人が多く、買い物はキャッシュレス化しているといえますね。

──日本人は買い物もまだ現金が多いのでしょうか?

現在、日本での個人消費に占めるカードと電子マネーの比率(キャッシュレス決済率)は20%ほどです。米国では2017年が76%ですから、日本はかなり現金派が根強いといえますね。

例えば中国ではあらゆる消費をモバイル決済で行うのが一般的になりつつありますが、日本では現金やカード、モバイル決済を場面によって使い分ける傾向があり、完全キャッシュレスとまではいきません。

今、日本でモバイル決済が一番利用されているのはコンビニエンスストアでの少額決済で、その次がドラッグストアです。でも、少し値の張るものを分割でクレジット払いにすることもありますよね。

となると、「モバイル決済だけ」という使い方をしている人はまだまだ少ないのではないでしょうか。世界と比べても、遅れをとっている状況です。

キャッシュレス化を阻む「日本人の性格」とは?

──例えば、日本のキャッシュレス化を阻んでいるのはどんな背景だと思われますか?

「見栄」と「謙虚さ」と「同調性」だと考えています。

特に「見栄」や「謙虚さ」。「こんなに少額でクレジットカードを使って、お金がないと思われないか」、または「クレジット処理の手間や手数料を負担させてしまっては申し訳ない」……。成人した日本人のうち、クレジットカードを持っている人の割合は8割を超えています。クレジットカードが借金カードというイメージを持っている人もいます。だからクレジットカードを出しながら、ポイントだけつけて現金で支払う人も多いです。クレジットカードを使わず現金を使う性質には、日本人の国民性が表れているのではないかと思います。

また、3つ目に挙げた「同調性」は「みんながそうしているから」という考え方です。みんなが現金を使っているから、私も現金を使う……と、多数派に合わせる性質。ただしこれは、キャッシュレス化が進めば追い風になりますね。

──自分の周りにキャッシュレス決済の利用者が増えれば、自ずと「周囲が使っているなら自分も使わなければ」とキャッシュレス派が増えるということですね。

そうです。それから、外国人観光客の方がキャッシュレス決済しているのを見て「あんなに簡単なら」と影響を受ける可能性もあるでしょう。

いずれにせよ、政府としてもキャッシュレス化の推進には力を入れています。キャッシュレスの波に乗り遅れることは経済先進国としての日本にとって死活問題ですから、2020年代にはさらに加速させる必要があるでしょう。

***

日本でのキャッシュレス化は、世界と比べて遅れをとっていると佐藤さんは語る。その背景には、根強い現金信仰と、日本人の美徳ともいえる“気遣い”や“同調する傾向”が潜んでいることが感じ取れた。

そうはいっても、世界のキャッシュレス化の動きは待ってはくれない。現在、世界ではキャッシュレス化によって経済や社会にどのような動きが現れているのかを教えてもらうことにしたい。

取材、文・藤堂真衣