資本金、従業員数、売上高‥企業を評価する際には、様々な指標がある。これらに加えて、現在新たな指標として注目を集めているのが「オープネス」だ。これは、社員のクチコミデータによって「職場の空気」を数値化したものだという。

昨年、「OPENNESS 職場の『空気』が結果を決める」を上梓し、「オープネス」と業績の関係や、組織改善の在り方を解き明かした北野唯我氏に話を聞いた。

OPNENNESS
OPENNESS 職場の「空気」が結果を決める
膨大な現役社員・OB社員の口コミデータから、業績の落ち込みから回復した企業、好調を維持している企業に共通の傾向がわかってきた。それは、オープネス(風通しの良さ)。この組織戦略の新しいキーワードをベストセラー著者、北野唯我氏が独自の視点から解説。「会社の空気」をデータで可視化した画期的1冊。

※画像をクリックするとAmazonに飛びます

財務・経営にインパクトを与える「開放性」

撮影:森口新太郎
(撮影:森口新太郎)

―まず「オープネス」とは、どのような概念なのか教えてください。

「オープネス」は一言で言うと、長期、短期共に財務、経営にインパクトのある開放性だと考えています。そして、今回の本の中では、「オープネス」を構成する具体的な3つの要素として経営開放性、情報開放性、自己開示性を挙げています。

ZUU online編集部
(画像=BUSINESS OWNER LOUNGE編集部)

身近な視点でいうと、「この職場は空気が重いな、意見しにくいな」「逆にここは雰囲気がいいな、意見しやすいな」といったことは誰しもが、感じたことがあると思います。

こうした人間の心理や感情は、周囲の環境に大きく作用されますが、その環境、雰囲気を規定しているのが、「経営開放性」「情報開放性」「自己開示性」の3つであるという整理が、わかりやすいでしょう。

――今後、企業を評価していく上で、「オープネス」が重要な指標であると考えるのは何故でしょうか。

この本の冒頭にも書いたのですが、私はずっと「株価当てゲーム」というものをしていました。これは、企業情報から、その企業の上場時の時価総額を当てるというゲームです。

このゲームをする際に私は財務情報に加えて、その企業の社長のインタビュー記事や動画、さらにオープンワーク株式会社が提供している企業のクチコミのデータベースを見ながら予測を立てていました。すると、これが結構な割合で当たるのです。そして、このゲームをする際に私が必ずチェックしていたのが、「職場の環境データ」でした。

当然のことですが、株価というのは、「これからその企業がどれだけ伸びていくか」という予測に基づいて決まります。株価を決める要因には、ビジネスモデルや事業ドメインなど様々な要素がありますが、「従業員がどれだけ高い意欲を持って働いているか」も非常に重要なのです。

実際に、世界中で知られている外資系ファンドなどが、オープンワークの社員クチコミデータをAI分析にかけて株価を予測するといったこともやっているそうです。自分自身でクチコミデータをチェックしていた際に、企業の不祥事が発覚する数年前から、急に「社内の雰囲気が悪くなった」というクチコミが目立ち始めるといった事例もありました。

これは私自身も経験したことがありますし、皆さんもおそらくあると思うのですが、社内で問題が表出するケースでは、その少し前から「なんとなく雲行きが怪しい」といったモヤモヤがあると思います。そして、それがある日、いきなり爆発するといった構造になっている。

このように、非常に見えづらいのですが、従業員の士気、職場の空気というのは、業績を含めた会社の未来を予測する上で、極めて重要なデータになりうるのです。

――経営者にとっても「オープネス」は重要な指標となるのでしょうか?

経営という側面においても「オープネス」は非常に重要だと考えています。昨年の前半ぐらいから、次世代の経営の重要なコンセプトとして、「企業としてのオープンさ」が求められるようになってきているのではないでしょうか。

しかし同時に、その「企業してのオープンさ」をどのように経営戦略や事業戦略に紐づけるかという部分に多くの企業が悩んでいるようにも思います。例えば、トヨタ自動車も最近では株主総会の様子などをYouTubeで配信しています。昨年の年頭に行われた豊田章男社長の挨拶などは多くの人たちにシェアされて拡散しました。こうした取り組みを見て、「あのトヨタですら、オープンさを意識しているんだな」と感じました。

一方でサイボウズのように、わかりやすく透明性といった要素を大事にする熱狂的なスタートアップも生まれてきています。新しい企業と、古くからある企業の両方が同じ流れをしている。この流れからもオープネスが重要な指標になりつつあることがうかがえるのではないでしょうか。

時代の流れによって高まった「オープネス」の重要性

撮影:森口新太郎
(画像=撮影:森口新太郎)

――「オープネス」が重要視されるようになりつつある背景については、どのようにお考えでしょうか?

例えば、経営者がいくら「いつでも質問していいよ」と言ったとしても、実際に質問に行く社員はそれほど多くないでしょう。このように「オープネス」が重要だと何となく理解はしているけれど、具体的なネクストアクションにつながらないという状態が、これまでは続いていました。

次のステップに進むためには、「経営に対してインパクトがあるオープネス」とは何なのか、ということを明らかにする必要があったわけです。先程、説明したように私はオープネスを構成する3つの要素を定義しました。この経営開放性、情報開放性、自己開示性という3つが、最もアクションにつながりやすく、時代の変化も表していると考えています。

経営開放性については、比較的古くからあった要素だと思います。昔から、「プロ経営者」と呼ばれるような人たちは、現場の人たちとたくさん話をして、その声を吸い上げるといったオープンさを持っていました。

一方で情報開放性については、かつては難しい部分があったと思います。しかし、Gmailやクラウド、slackといったツールの誕生によって環境が整い、情報開放性は劇的に高まりつつあります。グーグルという企業の誕生は、まさに世界の情報開示性を高めたということだと思います。

また、自己開示性については、SNSの誕生によってニーズが高まった部分があるでしょう。これまでは、自己を開示したいと考える人は芸能人やスポーツ選手といった一部の人々でした。しかし、現在では多くの人が自分の個性を発揮し、それを受け入れる土壌があります。また、「人生100年時代」が到来する中で、自己を開示しないまま生き続けるのは難しいと考える人も増えているのではないでしょうか。

このように、経営開放性以外の2つの要素、情報開放性、自己開示性については、時代の流れによって、より重要度が高まったという構造もあると思います。