これまでは北野氏に「投資家」「経営者」の視点からみたオープネスの必要性について論じてもらった。本記事では、個人レベルにおいても「オープネス」が重要となる理由を語ってもらう。

「自分の名前で仕事をする」ことこそ最高のリスクヘッジ

撮影:森口新太郎
(撮影:森口新太郎)

――北野さんは別のインタビューで、会社でも資料には必ず作成者の名前を入れると言ったように「『すべての人が作ったモノに対して、その人の名前を入れる』というカルチャーを広めたい」といったお話もされていました。ただ、「表に出ず自分は黒子に徹したい」と考える人もいると思うのですが。

そういう方もいると思います。私自身も、あまり名前を出したくなかったので、アルファベットのペンネームで活動していた時期がありました。しかし、そうしたスタンスで今後も良いかどうかを考える上で、重要なことが2つあります。

ひとつは、「自分の名前を出さないで生きる」ということは、己が代替可能な存在であることを認めることを意味します。そのことが良いか悪いかはわかりません。そういう生き方、働き方もあるでしょう。

しかし、国や会社が自分のことを100%守ってくれる状況ではないという現状を考えれば、リスクヘッジの観点から「名前の入った仕事」をしておいた方が良いと思うのです。

例えば、たとえば1年間で10個のプロジェクトに携わるとします。そのすべてに名前を出すのは抵抗があるかもしれないので、仮に一つは自分の名前で外部にPRするとしましょう。一方で、このように外部に語ることができる仕事が1年間ゼロの人も結構いると思います。

これを15年続けたら、少なくとも15個は「自分の名前の入った仕事」が残るわけです。そうすると、仮に15年経った時点でその会社が潰れたとしても、積み重ねた15個の仕事は、次の会社に転職する際に確実に役立つであろうポートフォリオになっているわけです。

仮に、それが22歳から37歳までの15年間だとしたら、その期間にサラリーマンが作ることができる金融資産なんてたかが知れています。一般的に言って、コツコツ貯金しても1000万程度でしょう。自分のキャリアのポートフォリオを作るというのは、それと同等かそれ以上の価値があると思います。

――市場から評価されるために必要な情報は整理しておくべきということですね。

例えば、投資家の藤野英人さんも「社長がホームページに顔写真を出していない会社には投資しない」といった話をされています。私は、この事はたった一つの真実を指し示していると思っています。

つまり、市場にさらされていない商品や人というのは、ほとんどの場合、いずれ朽ちていくこと、あるいはだらけていくということです。確かに市場にさらされてなくても、自分を律して、高めていける人もいるでしょう。

しかし、ほとんどの人には何かしらの刺激が必要なのです。テストや受験がなければ勉強ができないように、市場からの圧力がなければ本気で仕事しようとする人は多くないでしょう。

「市場にさらされているかどうか」ということは、成長し、変化し続けるために絶対に必要な要素の一つなのです。それは会社という有機体においても、個人という有機体においても同じです。株式市場においても同様でしょう。

特に株式市場の場合は、その結果がダイレクトに株価に反映されます。市場に評価されれば、株価は上がるし、評価が下がれば株価も下がる。これは株式市場の非常にわかりやすいところです。

一方、労働市場のマーケットというのは、市場からのフィードバックが緩い場合もあるというのがデメリットになっています。

これは、「転職の思考法」という著書でも書いたことですが、同じ会社で20年間働くとしたら、だいたい10年くらいで、その人の能力というのはある程度わかってしまいます。しかし、その会社の内部においては市場からのフィードバックがゆるいがために、給与や待遇に明確に反映されないままに時間が経過しまう。そうなると、20年後に会社が突然倒産などした場合に、10年前とそれほど価値が上がっていない状態で市場に放り出されてしまうのです。

このように外部環境、市場にさらされていないものは、基本的には朽ちていくというのは、一つの原理だと思いますね。

市場から適切な刺激を受けてレベルアップせよ

撮影:森口新太郎
(撮影:森口新太郎)

――会社としても、個人としても「市場」に正しくさらされるためにオープネスを高めていかなければいけないということですね。

情報格差を生みだすというのは、最も安易な権力構造の作り方だと思います。

その際たる例が学校のテストです。テストというのは、学校の先生が答えを持っていて、生徒は持っていない。こうした情報格差が先生と生徒の権力構造を生み出していると思うのです。

つまり、そうした権力構造に頼らずに、自分もよくわからない、正解のないものを一緒に考えようとする先生のほうが、本質的には優れた先生だと思います。しかし、こうした姿勢を維持するには自信が必要になります。これは経営者も同じです。

経営陣が、情報開放性を含めた「オープネス」を高めたくないと考える理由は、シンプルに自信がないからです。自信がないからこそ、情報格差を生みだして、その時点で自分は優れているという権力構造を生み出しているのです。だからこそ、オープネスを高め、適切なレベルで市場にさらされることで、鍛えられ、レベルをあげていく必要があります。

――当然、市場は厳しいですが、きちと成長していくために必要な刺激を市場から受ける必要がある。そして、会社でも個人でも市場からのフィードバックを適切に受けるための透明性を自分で高めていかなくてはいけないということですね。

先程、オープネスの高い企業を集めたファンドのリターンが優れていたという話をしましたが、働いている人にも、市場にも評価されているというのは、最高の状態ですよね。

こうした状態であれば、顧客に対しても価値のあるものを提供できているでしょう。時代を超えて強くあり続けている会社というのは、やはりカルチャーや働き方に特徴があります。むしろそうした企業文化が強い会社だからこそ長く市場を生き抜いているわけです。

私が好きな言葉に、「その企業の1年後の未来を見るには、営業力を見よ、3年後の企業の未来を見るには商品力を見よ、10年後を見るには採用力を見よ」というものがあります。

私はこれを真実だと思っているのですが、あえて「100年後何で決まるのか」を考えてみると、「100年後を決めるのは育成力」ではないかと思っています。100年以上も有機体が存在しているというのは、もはや国や宗教のレベルですが、そうしたものを支えているのは育成力だと思うのです。そういう意味では「オープネス」こそ長期的に企業を評価する上で重要な指標だと思いますね。

――株価を判断する際の一つの指標にもなるかもしれませんね。

そうですね。「従業員満足度」というスコアを財務諸表のなかに入れても面白いと思います。そうしたデータを会社がしっかりと測って開示しなければならないという世界は面白いですよね。

従業員データを含めた「オープネス」は企業を判断していく上での一種の新しいファンダメンタルになっていくのではないでしょうか。

OPNENNESS
OPENNESS 職場の「空気」が結果を決める
膨大な現役社員・OB社員の口コミデータから、業績の落ち込みから回復した企業、好調を維持している企業に共通の傾向がわかってきた。それは、オープネス(風通しの良さ)。この組織戦略の新しいキーワードをベストセラー著者、北野唯我氏が独自の視点から解説。「会社の空気」をデータで可視化した画期的1冊。

※画像をクリックするとAmazonに飛びます