事業を立ち上げる人を意味する、「ファウンダー(Founder、創設者)」。その定義は「ビジョンとミッションを持っているかどうかにある」とPeatix.com共同創業者の竹村詠美さんは語る。

確固たるマインドを持つことこそがファウンダーの条件なのだとしたら、そこにはさまざまな苦労もあるはず――。苦労話を中心にお話を伺った。

竹村詠美さん
一般社団法人FutureEdu代表理事、Peatix.com共同創設者。McKinseyを卒業後、Amazon、Disneyなどの日本経営メンバーとして、サービスの事業企画や立ち上げ、マーケティングなど幅広い業務に携わる。2011年に立ち上げた「Peatix.com」は現在27カ国、400万人以上のユーザーをもつ。現在はSTEAMや21世紀教育をテーマに執筆、講演、研修など幅広く活動中。MostLikelytoSucceed日本アンバサダー、総務省情報通信審議会委員なども務める。

目次

  1. ファウンダーの苦労話はお金に始まる
  2. ビジョンは実行に移してこそ

ファウンダーの苦労話はお金に始まる

女性創業者#2
(写真=森口新太郎、ZUU online編集部)

――ファウンダーとして大変なのはどのようなことですか?

大変なのは、毎月きちんと給料を払うことです。当たり前のことだと思われるかもしれませんが、その当たり前のことが一番難しい。ほかの人の生活がかかっているので、ファイナンス面の責任は大きいですね。

——Peatix.com創業時、資金集めにも苦労はあったのでしょうか。

Peatix含め、さまざまな新規サービスをインキュベーション(起業支援)してきましたが、芽を出すためには投資が必要。人を増やすこともそうですが、資金の投入が欠かせません。そこで、投資家を募るタイミングを読まなくちゃいけないのですが、これがまた読めないんですよ。(笑)

うまくいっていたのに、ギリギリで額が変わったり条件が変更になったりすることもあって。慎重に少しずつ集めていたのに、先が見えてきたと思ったら大どんでん返し。この辺は何回やっても苦労しますね。