富裕層と音楽教育との間には深い関係があると言われている。音楽教育にかかるお金や、音楽教育が脳に与える影響、令和時代の教育について解説していく。

目次

  1. 前提として音楽教育はお金がかかる
  2. 音楽教育が学生の成長に良い理由
  3. 令和の時代は試験勉強だけができても生き残れない
  4. 富裕層でなかったとしても音楽教育を諦めなくてよい

前提として音楽教育はお金がかかる

富裕層と音楽教育の関係性とは?音楽教育の効果について解説 
(画像=jsco/stock.adobe.com)

音楽家が富裕層から出てきやすいのは、そもそも音楽教育にお金がかかることが挙げられる。音大の学費は通常の大学よりも高く、例えば国立音楽大学であれば1年間の学費は206万円※である。4年間だと音大の学費だけで800万円超、海外へ留学する場合には1,000万円超となるケースも珍しくない。