ビジネスマンとして、第一印象は非常に重要だ。そんな中、一目で印象を与えるのは容姿ではないだろうか。特にヒゲはインパクトがあるため、顔が強調されることがある。

かっこよくデザインされたヒゲは、「できる男」と思わせたり貫禄があるように見せたりすることができる。しかし似合っていなければ、不潔にみられるリスクがあるのも事実。今回は印象が良くなるヒゲの整え方や手入れ方法について解説する。

目次

  1. 理想のヒゲはまず「輪郭」を知ることから!
    1. 面長の場合
    2. 丸顔の場合
    3. 四角・ホームベース形の場合
  2. ヒゲの綺麗な整え方とは?4ステップで解説
    1. 1.剃る部分と残す部分を決める
    2. 2.バリカンで全体の長さを整える
    3. 3.トリマーを使って形を作る
    4. 4.いらない部分を髭剃りで綺麗にする
  3. ヒゲの手入れに必須のアイテム4つ
    1. 1.ハサミ
    2. 2.トリマー・バリカン
    3. 3.カミソリ
    4. 4.シェービングクリーム
  4. うまくヒゲデザインできないなら脱毛がおすすめ
  5. 自分の輪郭に合ったヒゲデザインをして良い印象を与えよう

理想のヒゲはまず「輪郭」を知ることから!

メンズのヒゲを格好良くデザイン!誰でもできる手入れや整え方を解説!
(画像=Friends Stock/Adobe Stock)

かっこよくヒゲを生やしたいと思っているものの、どこから手をつければいいかがわからない。そう思う人は多いのではないだろうか。実は、ヒゲには似合う形とそうでない形がある。なぜなら、人それぞれ輪郭が異なるからだ。つまり、魅力的なヒゲを作り上げるのには、輪郭が関係しているということになる。まずは、自分の輪郭に似合うヒゲの形を知るべきだろう。

面長の場合

面長の場合は、縦長に見えるデザインよりも、力強さを表現するスタイルがおすすめだ。たとえば、口ひげをしっかり残して中心に視線を集めたり、両サイドを長めに残したりすのが効果的だ。

丸顔の場合

丸顔の場合は、男らしさを出すために、丸さを抑えられるデザインが似合うのだ。頬ヒゲを頬骨に沿って残すことで小顔に見せたり、あごひげを長めに残して縦のラインをつけたりするデザインがおすすめである。

四角・ホームベース形の場合

四角やベース型の場合は、下あごの輪郭を活かすスタイルをおすすめしたい。頬骨近くや両サイドは短くシャープにし、あごひげは比較的長めに残すと男らしい印象になる。

>>会員登録して限定記事・イベントを確認する

ヒゲの綺麗な整え方とは?4ステップで解説

では、ヒゲはどのようにデザインしていくのがよいのだろうか。ヒゲを綺麗に整えるには、

  • 1.剃る部分と残す部分を決める
  • 2.バリカンで全体の長さを整える
  • 3.トリマーを使って形を作る
  • 4.いらない部分を髭剃りで綺麗にする

といった4つの手順で実践してみてほしい。以下で、それぞれの手順を具体的に紹介する。

1.剃る部分と残す部分を決める

最初に、どのようなデザインにしたいかを決めよう。初心者がぶっつけ本番でヒゲの手入れをしても、イメージしたヒゲになることはほとんどない。失敗すれば、せっかく伸ばしたヒゲをすべて剃ることになってしまうだろう。

まずは芸能人を参考にしたり写真を探したりしてデザインのイメージを掴み、手を加える必要がある部分を見極めてみてほしい。

2.バリカンで全体の長さを整える

デザインのイメージが固まったら、全体の長さを整えよう。道具はバリカンやトリマーを使うのがおすすめだ。一度短くしたら長くすることはできないので、少し長めに設定しておくのがいいだろう。また、部位に合わせてヒゲの長さを変えることで、骨格補正効果が期待できる。

3.トリマーを使って形を作る

長さが整ったら、いらない部分を落としていこう。ハサミを使ってもよいが、トリマーを使うとより簡単に手入れをすることが可能だ。ただし一気にではなく、徐々に切り落としていった方が全体のバランスを取りやすい。特に口ひげは顔の中心にあるため、慎重に行うとよいだろう。

4.いらない部分を髭剃りで綺麗にする

最後に髭剃りを使って、いらない部分を剃れば完成である。この時に注意したいのは、逆剃りをしないことだ。逆剃りは綺麗にヒゲが剃れる一方で、肌を痛めることがある。皮膚を伸ばしながら、毛の流れに逆らわずに剃ることを心掛けてほしい。

>>会員登録して限定記事・イベントを確認する

ヒゲの手入れに必須のアイテム4つ

ヒゲの手入れにあたって、必ず持っておきたいアイテムを紹介しよう。

1.ハサミ

まず一番に必要なのは、ハサミだろう。自分の作りたいヒゲデザインを目指すためには欠かせないアイテムだ。ヒゲ専用もしくはまゆ毛用の小さなハサミを使うことをおすすめしたい。

2.トリマー・バリカン

ヒゲの長さを整えるのに必要なのがトリマー・バリカンだ。トリマーの方が先端が小さく、小回りが利くため使いやすい。複数の長さに調節できると、様々なデザインにチャレンジできる。

3.カミソリ

いらない部分を綺麗にするのに必要なのがカミソリだ。特に指定はないが、刃が多い方が一般的にはよく剃れる。ただ肌にあったものを優先的に使うのがおすすめだ。

4.シェービングクリーム

ヒゲを剃るのは、実は結構肌に大きな負担がかかっている。そのため、肌のケアを忘れてはいけない。剃る時はシェービングクリームをつけて、極力肌の負担を小さくするようにしよう。ヒゲを剃った後に保湿クリームなどを使うのもおすすめだ。

うまくヒゲデザインできないなら脱毛がおすすめ

ヒゲデザインがうまくできないのであれば、部分的にヒゲ脱毛を行うのもよいかもしれない。ヒゲ脱毛をすれば、いらない部分の手入れをしなくて済むからだ。

ヒゲの手入れが楽になるし、デザインを作りやすくすることが可能だ。また一度脱毛してしまえば、肌トラブルのリスクが少なくなるだろう。

理想のデザインを自分で作れない場合は、一度プロに相談してみることをおすすめする。脱毛サロンでは、必要な部分だけを残したり密度を少なくしたりすることが可能だ。

さらに、ヒゲ脱毛には、デザインがうまく決まる以外にもメリットがある。それは、普段のヒゲの手入れの時間が短縮されるということだ。忙しいサラリーマンにとっては、朝、細かい部分の手入れをしなくていいということも魅力的に映るだろう。

実際、ヒゲ脱毛をしている人は、若い世代を中心に増えてきている。もはやヒゲ脱毛は、一般的なものになりつつあるといえるだろう。

自分の輪郭に合ったヒゲデザインをして良い印象を与えよう

ヒゲをきちんとデザインできれば、第一印象で相手にいいイメージを与えることができる。自分の顔にあったヒゲデザインを理解し、きちんと手入れをすることで好印象を抱いてもらいやすくなる。まずは、理想のヒゲデザイン候補を見つけることから始めてみてはいかがだろうか。

文・Business Owner Lounge編集部