信用金庫などへの出資金の会計処理には、少しややこしいポイントがいくつかある。ケースによって勘定科目が変わってくるため、「仕訳がなかなか進まない…」と悩んでいる事業者は多いはずだ。

そこで本記事では、「出資をしたとき」「出資を受けたとき」の2つのケースに分けて、会計処理の基礎を徹底的にまとめた。将来的に発生する手間を削減するためにも、自信のない経営者や担当者はぜひ読み進めていこう。

目次

  1. そもそも出資金とは?事業者が出資金を支払う目的
    1. 事業者が支払う出資金の具体例
  2. 出資金の勘定科目と仕訳例
    1. 1.信用金庫への出資金の仕訳例
    2. 2.ゴルフクラブへの出資金の仕訳例
    3. 3.出資によって損失が生じたときの仕訳例
    4. 企業への出資金は3つのパターンに分けられる
  3. 出資を受けたときの勘定科目と仕訳は?
    1. 会計処理は避けては通れない業務!これを機に正しい基礎知識を

そもそも出資金とは?事業者が出資金を支払う目的

出資をしたとき・受けたときの会計処理は?出資金の勘定科目と仕訳の例を紹介
(画像=Indypendenz/Shutterstock.com)

一般的に出資金とは、会社が事業を行うために受け取った金銭を指す。株式の購入を通して提供された金銭も出資金と呼ばれており、いずれのケースにおいても出資金は資本金(もしくは資本準備金)として利用される形が主流だ。ちなみに、出資金を提供した人物は「出資者」と呼ばれている。